自動車用ステアリングシステムの市場規模、2025年に369億米ドル到達予測

自動車用ステアリングシステムの市場規模は、2020年の293億米ドルからCAGR4.7%で成長し、2025年には369億米ドルに達すると予測されています。この市場の成長は、低燃費で快適な運転ができる自動車の需要の増加によってもたらされています。

COVID-19が自動車用ステアリングシステム市場に与える影響

この市場の成長は、主に低燃費で快適な走行を実現する自動車の需要が増加していることに牽引されています。COVID-19パンデミックは、全世界の自動車生産に影響を与え続けています。これは、既存のOEMだけでなく、ステアリングシステムのTier1およびTier2コンポーネントサプライヤーにも影響を与えています。トヨタ、Ford、General Motorsなどの大手OEMは、パンデミックによる工場閉鎖のため、生産量の減少を記録しました。自動車生産台数の減少は、自動車用ステアリングシステム市場にマイナスの影響を与えると予想されます。

牽引要因:厳しい燃費基準が電動アシストステアリングシステムの需要を促進

各国政府は、自動車の排出ガス規制や燃費規制を強化しています。米国のNHTSA(National Highway Traffic and Safety Administration)や欧州のICCT(International Council on Clean Transportation)などの規制団体がフリートレベルの規制を実施しています。これらの規制は、自動車メーカーが維持すべき平均的な排出量の上限を示しています。この規制により、自動車メーカーは、電動パワーステアリングのような低燃費のステアリング技術を増やすことを余儀なくされています。電動アシストパワーステアリング(EPS)システムは、従来の油圧式ステアリングシステムに比べて重量が軽く、構造も複雑ではありません。さらに、燃料を使用しないため、メンテナンスが容易です。米国エネルギー省(DOE)によると、EPSシステムは、理想的な状態であれば、燃費を2~4%向上させ、燃料消費量を最大6%削減し、CO2排出量を8g/km減少させることができるといわれています。EPSシステムは、エンジン稼働中に常に流体を送り出す油圧システムとは異なり、車輪を回転させたときにのみ動力を使用します。その結果、燃費の向上に直結しています。電動アシストパワーステアリングの普及率は、欧州地域が最も高く、次いで北米、アジア・オセアニア地域となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]