電子顕微鏡とサンプル調製の市場規模、2026年に35億米ドル到達予想

電子顕微鏡とサンプル調製の市場規模は、2021年の22億米ドルからCAGR9.5%で成長し、2026年には35億米ドルに達すると予想されています。顕微鏡の研究開発に対する有利な資金調達シナリオと、新興市場での成長機会が、電子顕微鏡およびサンプル調製市場の成長を促進しています。

COVID-19の電子顕微鏡およびサンプル調製市場における影響

COVID-19の発生により、ビジネスや経済活動が混乱しています。ヘルスケア産業や半導体産業向けの顕微鏡ソフトウェア市場はプラスの影響が予想されます。一方、自動車産業や航空宇宙産業向けの顕微鏡ソフトウェア市場はマイナスの影響が見受けられます。電子顕微鏡市場向けの半導体のアプリケーション分野で事業を展開している企業は、COVID-19の発生時から、現在、さらに今後も、様々な影響を受けることが予測されます。半導体は、自動車、航空宇宙、医療機器、ライフサイエンス、ヘルスケアなど、多くのエンドユーズ産業で幅広く利用されています。COVID-19の全体的な影響は、総合的には、ややプラスになると予想されます。これは、コンピューティング・ストレージへの注目が高まっていること、消費者向けスマートホームカテゴリーでの需要が高いこと、デジタル化のためのIoTの利用が増えていること、そして強力なネットワーク・コミュニケーションの必要性に起因すると考えられます。

牽引要因:顕微鏡の技術的進歩

顕微鏡の技術的進歩には、デジタル化、ライブセルイメージング、超解像度、ハイスループット法などがあります。これらの進歩は、製品や検査のコスト削減につながります。顕微鏡の最新技術としては、拡大顕微鏡、走査型ヘリウム顕微鏡(SHeM)、マルチビュー顕微鏡、統合型顕微鏡ワークフローなどがあります。デジタル顕微鏡は、電子顕微鏡およびサンプル前処理市場の最新トレンドです。デジタルイメージングでは、画像の解像度と精度が向上するため、画像の歪みが少なくなり、サンプルの見やすさが向上します。ホールスライドスキャンシステムの開発により、デジタル顕微鏡の導入が加速しています。このシステムでは、研究開発、フォレンジック、品質管理、故障解析などに用いられる2Dおよび3D画像を用いて、サンプルを深く可視化することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]