OLEDの市場規模、2026年に728億米ドル到達予測

OLEDの市場規模は、2021年の384億米ドルからCAGR13.6%で成長し、2026年には728億米ドルに達すると予測されています。スマートフォンへのOLEDディスプレイの急速な普及、OLEDパネル製造のための新施設建設への多額の投資、消費者からのより良い視聴体験への高い要求、OLED技術の急速な進歩、AR・VRヘッドセット用途でのAMOLEDディスプレイの需要増加、OLED照明の研究に対する各国政府の資金援助などが、市場の主な推進要因となっています。

牽引要因:OLED技術の急速な進歩

長年にわたり、OLEDは世界中の科学者や産業界から注目を集めてきました。様々な分野で応用されているOLEDは、主にパッシブおよびアクティブマトリックスソリューションに焦点を当てて市場に参入しています。有機EL市場における主要な研究分野は、1,000cd/m2の輝度レベルで1万5000時間以上の長寿命を実現する白色有機ELの開発です。また、携帯性を高めたフレキシブル有機ELも開発されており、曲げられる、軽い、壊れないといったデバイスを提供しています。有機ELディスプレイは、有機発光材料で構成されており、通常の液晶ディスプレイで使用されているバックライトやフィルタリングシステムを必要としません。今後10年間で、スマートウォッチ用の小型ディスプレイからテレビ用の大型ディスプレイまで、ほとんどの用途でOLEDが液晶ディスプレイに取って代わると考えられます。有機ELディスプレイは、液晶ディスプレイに比べてエネルギー効率が高く、太陽光での読み取りが可能で、リサイクルも容易です。有機ELディスプレイは、バックライトではなく個々の画素から光が出ているため、コントラストが高く、必要に応じて、該当する画素の輝度を下げたり、電源を切ったりすることで、深い黒を表現することができ、消費電力も少なくて済みます。有機ELディスプレイは、高輝度、低消費電力、高コントラストを実現し、様々なアプリケーションに採用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]