n-ブタノールの市場規模、2025年に40億米ドル到達予測

n-ブタノールの市場規模は、2020年の31億米ドルからCAGR5.0%で成長し、2025年には40億米ドルに達すると予測されています。同市場は、インフラストラクチャーや建設産業の増加によって大きく牽引されています。さらに、最終用途産業からのコーティング需要の増加に伴い、n-ブタノールの生産量は増加すると予想されます。しかし、原料価格の変動や将来的な希少性、溶剤系システムに伴う健康被害や環境被害が、n-ブタノールの需要を妨げています。

COVID-19がn-ブタノール市場に与える影響

n-ブタノールは、製油所、発電所、化学処理、食品・医薬品などの様々な産業で使用されています。COVID-19はこれらの産業に深刻な影響を与えています。各国でのロックダウンによるサプライチェーンの混乱、労働力の不足、物流の制限、部品の入手の制限、需要の低下、企業の流動性の低下、製造の停止などが業界に悪影響を及ぼしています。原材料の供給会社やその他の関連企業は、この危機的状況下での戦略を再検討しています。ロックダウンが解除後も、n-ブタノールメーカーが即座に通常の作業状況に戻るのは困難です。

牽引要因:インフラストラクチャーや建設活動の活発化

中国やインドなどでは、急速な工業化と都市化が進んでおり、ここ数年、n-ブタノールの需要が高まっています。建築・建設業界では、保護や装飾を目的とした高性能な材料が求められています。建築・建設用の塗料、コーティング剤、接着剤、シーラント用途の品質と性能は、コスト効率の高いものでなければなりません。n-ブタノールをベースにしたシステムの品質と性能は、非常に安定しているため、建築・建設業界での需要が高まっています。特にAPAC(アジア太平洋地域)を中心とした新興地域では人口が増加しており、インフラや居住空間に対するニーズが高まっており、n-ブタノールの消費量の増加が見込まれています。2019年の世界人口は約77億人と推定されており、APACはその約60%を占めています。住宅・商業施設の建設は、n-ブタノールベースのシステムの市場規模に大きく貢献しています。

抑制要因:潜在的な健康被害と環境問題

溶剤系システムが人や環境の健康に及ぼす悪影響は、市場の大きな抑制要因の一つです。溶剤系システムの急性健康被害には、頭痛、めまいから意識不明、発作へと進行するものがあります。また、これらのシステムを使用することで、鼻、目、喉への刺激を引き起こし、心臓や肺などの重要な臓器に負担をかけてしまうこともあります。塗料に含まれるVOCは、人間だけでなく環境にも悪影響を及ぼします。塗料は、乾燥または硬化の段階でVOCを放出します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]