不凍タンパク質の市場規模、2026年に2700万米ドル到達予測

不凍タンパク質の市場規模は、2020年の400万米ドルからCAGR36.3%で成長し、2026年には2700万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、冷凍食品の利用の増加に起因しています。不凍タンパク質は、生鮮食品の低温保存を可能にし、食品がエンドユーザーに届くまでの間、食品の品質を維持することができます。

COVID-19の不凍タンパク質市場への影響

果物や野菜などの食品は腐りやすいため、複雑なサプライチェーンを形成しています。COVID-19パンデミックの拡大は、このサプリチェーンに多大な影響を及ぼしました。販売店で安定供給と継続性を確保する取り組みが行われていたにもかかわらず、新たな出費や障害が発生しました。この出費は、ソーシャルディスタンスの確保による作業効率の低下、物流コストの増加、追加の安全対策、納品の遅延などによるものでした。また、市場からの圧力や製品ロスもありました。そのため、重要な貿易港や市場では、果物や野菜の安全性を確保し、小売市場への円滑な供給を維持するための効率的な保管メカニズムが必要となりました。

牽引要因:不凍タンパク質の有用性に対する認識の高まり

不凍タンパク質は、食感の質を大幅に低下させる、解凍による氷結晶の成長を抑制します。そして、トランスジェネシス手法を用いて、魚、酵母、野菜、果物などに導入することで、これらの生物に新たな有益な特性を与えることができます。これらのアプリケーションには、食品の生産や高品質化につながる利点があり、不凍タンパク質市場の需要が高まっています。

抑制要因:生産コストと研究開発費の高騰

研究開発費は、企業が製品を製造する際に発生する最大の直接費用です。これには、研究費、人件費、電力・光熱費、消耗品費などが含まれます。魚から不凍タンパク質を抽出するのは複雑なプロセスであり、莫大な研究開発費がかかります。この不凍タンパク質は、南極の魚で確認された熱ヒステリシスと呼ばれるプロセスを利用して、血球中の水の凝固点を低下させます。不凍タンパク質の抽出に使用される機械や技術のコストは非常に高額です。主要なプレーヤーの大半は、最先端の大学や研究機関との共同作業で、開発を行っています。そのため、商業的に大量生産するためには、相応のコストがかかります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]