3Dスキャナーの市場規模、2026年に13億2400万米ドル到達予測

3Dスキャナーの市場規模は、2021年の9億2400万米ドルからCAGR7.5%で成長し、2026年には13億2400万米ドルに達すると予測されています。この市場の成長を牽引している主な要因は、3D計測に対する研究開発費の増加、商品製造時の品質管理への注力、エレクトロニクス製造サービス企業の生産性向上への要求などです。また、クラウドコンピューティングサービスの導入やインダストリー4.0への需要なども、3Dスキャナー市場のプレーヤーに成長機会を提供すると期待されています。

COVID-19の3Dスキャナー市場への影響

COVID-19の発生と広がりは、3Dスキャナー市場にマイナスの影響を与えています。3Dスキャナーのバリューチェーンの、OEM、サプライヤー、エンドユーザー、流通業者などの業界専門家からの情報や、関連企業の財務リリースから考慮すると、3Dスキャナーの市場規模は2019年から2020年にかけて約5.5%の減少が予想されます。

種類別には、3Dレーザースキャナーが最高のCAGRで成長

地下エリアの分析とマッピングにレーザースキャンを使用する傾向が顕著になってきています。鉱山調査チームは、レーザースキャンサービスを求める顧客の増加を目の当たりにしています。測量会社の3Dレーザースキャナーの使用は、高精度かつ高速な調査を可能にするだけでなく、包括的なカバー範囲と3Dビュー機能により、撮影されたデータに対する顧客の信頼性を高めることができます。これにより、3Dレーザースキャナーの鉱業分野への大規模な導入が促進されています。

産業別には、自動車産業向け3Dスキャナーが最大シェアを占める

自動車産業における3Dスキャナーは、単一部品や完成品の設計・製造、自動化された生産ラインの設置など、初期段階で使用されます。生産工程における、品質確保への迅速な対応を可能にするため、商品管理と検査のプロセスは不可欠であり、自動車産業の3Dスキャニングシステムの需要拡大につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]