ロジスティクスオートメーションの市場規模、2026年に889億米ドル到達予測

ロジスティクスオートメーションの市場規模は、2020年の484億米ドルからCAGR10.6%で成長し、2026年には889億米ドルに達すると予測されています。同市場は、物流業界のデジタルトランスフォーメーション、IoTの出現、Eコマース業界の急激な成長、ロボット工学の進歩、労働者の安全確保の必要性などにより牽引されています。

COVID-19によるロジスティクスオートメーション市場への影響

COVID-19パンデミックが拡大し続ける中、北米を中止とした地域では、物流やサプライチェーンのオペレーションに深刻な影響が出ています。北米でのCOVID-19の流行によって、小売業、工業製品、消費財などが大きな影響を受けています。サプライチェーンの混乱は、長・短期的にも企業に影響を与えます。政府の政策変更や封鎖措置により、貨物サービス事業者がサービスを円滑に運営することが困難になる可能性があります。このため、業界企業は、自社のビジネスにおける具体的な需要の影響を理解し、起こりうるチャネルシフトに備える必要があります。

牽引要因:ロボット工学の進歩

ロボットは、製品をある場所から別の場所へ、効率的かつタイムリーに移動させるために使用されます。また、倉庫管理やマテリアルハンドリングなどの様々なプロセスにおいて、単純で危険な作業を自動化します。人件費の増加は、製造業の企業にとって重要な課題の一つです。企業は、ロボット技術を導入して物流プロセスを自動化することで、手作業を最小限に抑え、運用コストの削減を実現しています。

抑制要因:高額な資本投資

物流オペレーションの自動化には、高い設備投資が必要です。大規模な自動倉庫の設置には、自動化機器、ソフトウェア、ソリューションの導入が必要であり、これらには多額の費用がかかります。小規模な企業にとっては、新システムが高コストなため、既存の物流プロセスを置き換えることは現実的ではありません。産業界で使用されている自動化システムは、時折メンテナンスやアップグレードが必要となり、高額な資本の再投資を伴います。そのため、財源が限られている企業は自動化システムを選択することができません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]