細胞溶解の市場規模、2026年に41億米ドル到達予測

細胞溶解の市場規模は、2021年の29億米ドルからCAGR7.2%で成長し、2026年には41億米ドルに達すると予測されています。この市場の成長は、主に政府による研究費の増加、疾病の高い有病率、個別化医療への関心の高まりによってもたらされます。

COVID-19による細胞溶解市場への影響

コロナウイルスの急速な蔓延により、診断キットやその他のクリティカルケア医療機器の需要は、過去2四半期で急激な伸びを見せています。現在、世界各地の医療機関では、COVID-19のスクリーニングや治療のための患者の検査が殺到しています。その結果、入院患者の臨床ワークフローに深刻な混乱が生じており、医療機関では重篤な患者の治療を優先することになっています。そして、感染者への対応に必要な医療用品の製造・供給を促進するため、政府や企業の投資は大幅に増加しています。そのため、関係者は既存の製造能力とサプライチェーンの強化を迫られています。ライフサイエンス業界では、多国籍企業や中小企業が24時間体制でこの需要に対応し、検査薬を提供しています。

牽引要因:政府資金の研究に対する増加

研究者は、破壊された細胞を利用して、細胞小器官の形態や機能を研究し、新しい細胞療法やその他の細胞ベースの治療法を開発します。細胞ベースの研究の重要性に鑑み、政府機関が支援を強化しています。多くの政府機関は、投資、資金、助成金などの形で支援を行っています。例えば、2020年3月、カナダ政府は、カナダにおける幹細胞研究を支援するために、約700万米ドルを投資しました。

市場機会:新興国での市場拡大

中国、ブラジル、メキシコ、インドなどの新興国は、細胞溶解市場のプレーヤーにとって大きなチャンスをもたらします。その主な理由は、慢性疾患の増加、研究のためのインフラ設備の改善、新興国における細胞ベースの研究に対する有利な法律などが挙げられます。業界の主要プレーヤーは、中国などの新興国に新しい施設や研究開発・イノベーションセンターを設立して、その存在感を高めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]