掃除ロボットの市場規模、2026年に248億米ドル到達予測

掃除ロボットの市場規模は、2021年の89億米ドルからCAGR22.8%で成長し、2026年には248億米ドルに達すると予測されています。IoTの進化、家庭での自動化の浸透、従来のものに比べて掃除ロボットのサイズが小さいことなどが、掃除ロボット市場の成長を後押ししています。

COVID-19の掃除ロボット市場への影響

個人用および家庭用掃除ロボット市場は、業務用掃除ロボットよりもCOVID-19の影響を強く受けると予想されます。世界を脅かしている不況と可処分所得の減少により、個人用および家庭用ロボットの需要は減少すると予想されます。COVID-19の影響で、家事代行サービスが激減しており、影響が収まった後には、家事代行ロボットの需要が伸びると予想されています。

業務用掃除ロボットの市場は、パンデミックの影響が少ないと思われます。業務用ロボットは、施設の消毒などの用途で支持を得ています。パンデミックが拡大すれば、小売企業は自動化技術を必要とし、ロボットシステムメーカーはこの市場機会を利用することができるかもしれません。また、ソーシャルディスタンスのガイドラインが厳しくなっていることから、病院ではUV-C光による消毒装置を搭載した移動式ロボットが、病室や部屋の除菌に求められています。

牽引要因:家電製品における自動化の浸透

AIやIoTの発展により、ロボットが人間と対話して働くための新たな道筋ができました。また、MEMSやセンサーの開発・進化、可視化技術の強化により、ロボットの効率や精度が向上しています。掃除ロボット市場の成長は、ロボット分野の革新と近代化によってもたらされています。技術的な進歩と研究活動により、掃除ロボットが開発され、人間が行う日常的な作業を支援しています。これに加えて、可視化装置やセンシング装置の技術的向上により、さらに、清掃業務の遂行に特化した費用対効果の高い掃除ロボットが製造されるようになりました。IoTと無線技術の発達により、ユーザーはリモコンやスマートフォンを使ってロボットを操作できるようになりました。ユーザーは家の中にいなくても、掃除のスケジュールを立てることができます。このような進歩と柔軟性が市場の成長を後押ししています。また、これらのロボットがAmazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーと互換性を持つことで、自動化が進んでいます。Dyson(英国)、iRobot(米国)、Neato Robotics(米国)などの企業は、Wi-Fi接続の掃除ロボットを市場に提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]