グラフェンの市場規模、2025年に14億7900万米ドル到達予測

グラフェンの市場規模は、2020年の6億2000万米ドルからCAGR19.0%で成長し、2025年には14億7900万米ドルに達すると予測されています。グラフェン市場は、各国で多様な需要が高まっていることにより牽引されています。COVID-19の影響で、2020年のグラフェンの成長率は縮小すると予想されています。しかし、エンドユース産業におけるロックダウンの終了とともに、需要が回復すると考えられています。

COVID-19がグラフェン市場に与える影響

COVID-19ウイルスは、北米と欧州地域を中心とした全世界に悪影響を及ぼしています。ウイルスのさらなる拡大を防ぐため、企業は操業や製造施設の活動を停止しています。このことで、自動車・輸送、航空宇宙、電子機器などの産業界における、グラフェンの消費量が減少しています。

エンドユース別には、自動車・輸送産業が需要を牽引

自動車・輸送産業は、グラフェン市場における主要なアプリケーション産業です。グラフェンは、複合構造部品、自動車用バッテリー、タイヤ、アンチブレーキングシステムなど、自動車産業の様々な用途に使用することができます。この需要の増加が、グラフェン市場を牽引すると考えられます。

牽引要因:研究開発活動の活発化

グラフェンは、その優れた特性から、さまざまな研究者によって驚異の素材と呼ばれています。多くの大学や研究機関、企業が、グラフェン材料の研究開発に力を入れており、実用化に向けて、費用対効果の高い製造技術を生み出しています。また、グラフェンをより効率的かつ柔軟に利用するための継続的な研究開発も行われており、新たな用途への応用が期待されています。

抑制要因:大量生産の難しさ

グラフェンの製造プロセスはコストと時間がかかるため、高品質で欠陥のないグラフェンを大量に生産することは、すべてのグラフェンメーカーにとっての課題となっています。グラフェンの製造プロセスはコストと時間がかかるため、品質の維持と生産量の拡大を同時に行うことは困難です。グラフェンの単層カーボンネットワークに何らかの欠陥があると、電気伝導性、透明性、熱伝導性、不浸透性などのグラフェンの特性が損なわれ、品質が制限されます。高品質の単層および数層グラフェンを製造するためには、CVDプロセスが用いられますが、これは大量生産が困難なプロセスです。これらの要因が、グラフェンの大量生産を制限し、生産コストの上昇につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]