機能性タンパク質の市場規模、2025年に61億米ドル到達予測

機能性タンパク質の市場規模は、2020年の46億米ドルからCAGR5.6%で成長し、2025年には61億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、消費者の嗜好の変化、健康意識の高まり、ミレニアム世代の人口増加、消費者の補助収入の増加などが影響しています。業界のトレンドが融合することで、主要プレーヤーに新たな機会がもたらされています。ライフスタイルの変化と慢性疾患の増加が、機能性タンパク質の需要を促進しています。また、スポーツ栄養を好む傾向も、機能性タンパク質市場にプラスの影響を与えています。

牽引要因:慢性生活習慣病の増加

消費者の健康志向は地域を問わず高まっており、健康的でバランスのとれた食生活に重点を置くようになりました。このような消費者の嗜好の変化は、慢性疾患の増加を背景に引き起こされています。糖尿病、高コレステロール、肥満などの疾患は、機能性タンパク質市場全体を牽引する要因になると考えられます。ミレニアム世代の人々は、自分のライフスタイルに合った機能性食品を食生活に取り入れるようになり、機能性タンパク質の需要が高まっています。さらに、消費者の所得水準の向上とそれに伴う経済発展により、機能性タンパク質の需要は高まっています。

抑制要因:機能性タンパク質のコスト高

科学技術の進歩により、体重管理や健康管理に役立つ食品が次々と開発されています。機能性食品や栄養補助食品はコストが非常に高いため、機能性タンパク質市場の成長を抑制する可能性があります。これらの製品は、特に南アフリカやメキシコなど価格に敏感な国で、市場の成長が制限される可能性があります。また、ビーガン人口が増加していることや、ベジタリアンの健康効果が消費者の間で話題になっていることから、動物由来のタンパク質は抑制要因となっています。植物性タンパク質の需要の高まりが、動物性タンパク質の販売や消費に悪影響を及ぼし、市場の成長を妨げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]