ワイヤレスギガビットの市場規模、2026年に7000万米ドル到達予測

ワイヤレスギガビット(WiGig)の市場規模は、2021年の1900万米ドルからCAGR29.8%で成長し、2026年には7000万米ドルに達すると予測されています。データ転送の高速化に対するニーズの高まりと、60GHz周波数帯のメリットであるアンライセンスでの利用可能性、高速データ転送速度、高い安全性と実質的に干渉のない運用などが相まって、市場を牽引すると予想されています。

COVID-19がワイヤレスギガビット市場に与える影響

COVID-19は、ワイヤレスギガビット対応機器のプロバイダーの生産能力や財務状況に影響を与えています。パンデミックによる危機が蔓延し、金融市場や経済、エンドユーザーに悪影響を及ぼしています。これは、短期的には経済の悪化を招き、ワイヤレスギガビット市場にマイナスの影響を及ぼします。COVID-19が市場に与える全体的な影響は、パンデミックの世界的な広がり方や期間、世界各国の政府当局の対応、病気の重症度など、さまざまな要因に左右されることが予想されます。

牽引要因:60GHz周波数帯の利点

60GHzの周波数帯は、高速インターネット、音声、データ通信に適しており、多くのメリットがあります。この周波数帯は、多くの場合、ライセンスの開始や年会費なしで利用できるため、優れた投資収益率を実現します。また、7GHzの帯域を継続的に利用できるため、高速データ転送が可能です。さらに、60GHz帯の使用が制限されているため、伝送距離が短く、アンテナのビーム幅が狭く、安全性が高く、実質的に干渉のない運用が可能です。これらの利点により、60GHz帯の周波数は、WiGigに準拠した様々な家電製品やネットワーク機器に利用され、市場の成長を促進することが期待されています。

抑制要因:組込み型WiGigチップセットの開発に伴う製造コストの上昇

技術的に進化するワイヤレスギガビット市場の大きな問題点は、工業的な製造にかかる費用が高いため、WiGigチップセットの製造コストが上昇していることです。現在、WiGigチップセット1個あたりの平均製造コストは、数年前のチップセット1個あたりの平均製造コストの数倍になっています。これは主に、チップレベルアーキテクチャの複雑化、テクノロジーノード仕様の縮小、チップのフォームファクタの縮小、部品や原材料のコスト上昇、ウェハ&デバイス製造サービスのコスト高騰などが原因です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]