シミュレーションソフトウェアの市場規模、2026年に269億米ドル到達予測

シミュレーションソフトウェアの市場規模は、2020年の127億米ドルからCAGR13.2%で成長し、2026年には269億米ドルに達すると予測されています。シミュレーションソフトウェア市場を活性化させている主な要因としては、生産コストやトレーニングコストを削減することに対する需要の高まりや、デジタルツイン、AR/VR、3Dプリントなどの先端技術に関するシミュレーション機能の向上などが挙げられます。さらに、航空宇宙・防衛などの産業への投資が増加していることや、COVID-19のような疾患に対するワクチンを開発・製造するために、ヘルスケア分野でシミュレーションが必要とされていることも、今後の市場成長を促進する要因になると考えられます。

シミュレーションとは、数学や物理学の原理に基づいた、コンピュータベースのモデルです。製品やソリューションの設計、検証、最適化を可能にします。また、研究開発(R&D)、製品エンジニアリング、ゲーミフィケーションなど、さまざまな用途に使用されるツールと考えることもできます。企業は、研究開発活動における設計の検証と妥当性の確認を可能にするシミュレーションと分析技術に魅力を感じています。また、柔軟性の高いシミュレーションは、学習の効率を上げ、コア・スキルセットを向上させ、学習やトレーニングにも役立ちます。この市場で実力を発揮するために、企業は研究開発活動に力を入れています。

牽引要因:設定ミスによるクラウドの侵害事例の増加

シミュレーションソフトウェアは、製造コストやトレーニングコストの削減に役立つと同時に、運用パフォーマンスを向上させます。大企業のいくつかは、シミュレーションソリューションを導入するために、シミュレーション企業との提携や買収を行っています。シミュレーションプロセスは、試作モデルを試す前に問題に気づき、解決に導くことが出来ます。自動車、航空宇宙・防衛、電気・電子、工業生産、ヘルスケアなどの様々なバーティカル分野では、経費削減だけでなく、人命救助のためにシミュレーションソリューションやサービスが採用されています。米国労働統計局によると、建設現場では、機器や車両の不具合により、死亡事故が発生することがあります。経験の浅い機械オペレーターは、OJTでもリスクを伴います。そのため、コンピュータベースのシミュレーションは、効率的なトレーニングソリューションとして登場しました。シミュレーションソフトウェアの再現性は、実際の機械と同程度まで進歩しています。例えば、シミュレーション技術の一つであるフライトシミュレーターは、現在、パイロットが免許を取得・維持するために必須のトレーニングコンポーネントとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]