アンテナ・トランデューサー・レドーム(ATM)の市場規模、2025年に160億米ドル到達予測

アンテナ・トランデューサー・レドーム(ATR)の市場規模は、2020年の91億米ドルからCAGR11.9%で成長し、2025年には160億米ドルに達すると予測されています。この市場の成長は、飛行制御の自動化が進んでいることや、過酷な条件に耐え、低消費電力で長距離飛行が可能なATRを開発するための防衛費や研究開発活動が活発化していることに起因しています。

COVID-19のATR市場への影響

ATR市場の主要プレイヤーには、Raytheon Technologies Corporation(米国)、Honeywell International Inc. (米国)、L3Harris Technologies Inc. (米国)、Lockheed Martin Corporation(米国)、Cobham Plc(英国)などがあります。これらの企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ、南米など様々な国で事業を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。COVID-19が2020年のATRの生産やサービスに与える影響は、25~30%と考えられています。COVID-19が欧州、米国、アジア太平洋地域に急速に蔓延したことにより、ATRの需要が世界的に大きく減少し、それに伴い、納期遅れ、製造停止、製造施設のスタッフの減少、機材の入手困難などを引き起こし、様々なペイロードサプライヤーやサービスプロバイダーの収益が減少しています。一方、業界の専門家は、世界のATR需要は2022年までに完全に回復すると予想しています。

牽引要因:次世代航空機のための高度ATRの需要

ビジネスジェット機業界のメーカーは、運航効率の向上、二酸化炭素排出量の削減、運航コストの削減、アビオニクス、客室内装、航空機システムのアップグレードに注力しています。その結果、新しい航空機の導入が進んでいます。新世代航空機は、効率、航続距離、性能が向上しているため、既存の航空機の買い替えだけでなく、初回購入の増加にもつながっています。これらの航空機の需要は、先進的なアビオニクスや内装、より信頼性の高い接続ソリューション、より効率的なエンジンの導入により増加しています。高性能な航空機の生産は、技術的に高度なアンテナの需要を促進し、市場の成長を押し上げています。

抑制要因:新製品の承認期間の長さ

ATRメーカーは、新製品を市場に投入する前に製品認証を取得する必要があります。メーカーが最高レベルの安全性を実現するためには、複数のテストと反復が必要となり、承認期間が長くなり、その結果、生産工程の遅れや損失につながります。このような規制当局からの認証の遅れは、ATR市場の成長を抑制する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]