ヒトマイクロバイオームの市場規模、2028年に15億9800万米ドル到達予測

ヒトマイクロバイオームの市場規模は、2025年の8億9400万米ドルからCAGR21.3%で成長し、2028年には15億9800万米ドルに達すると予測されています。市場の成長は、ヒトマイクロバイオーム療法の開発に注目が集まっていることが大きな要因です。また、医薬品開発のターゲットとしても有効となっています。さらに、市場参加者間での共同研究の増加も、幅広い成長機会を提供すると考えられます。しかし、ヒトマイクロバイオームに関する専門知識の不足や不十分な研究は、この市場の成長を抑制する要因になると予想されます。

牽引要因:ヒトマイクロバイオーム治療薬開発への関心の高まり

ヒトの腸内マイクロバイオームは、治療用化合物の効果を高める上で大きな役割を果たします。長年の研究により、人体内の微生物の適切な組み合わせが、さまざまな症状の治療に有益であることが明らかになっています。このように、微生物と特定の病状との関連性は、医薬品開発者、またはワクチンメーカーに新たな機会をもたらす可能性があります。微生物は豊富な酵素の供給源であるため、新規治療の研究など、さまざまな治療法に利用することができます。

この10年間で、マイクロバイオーム療法が広く重要視されるようになりました。米国国立衛生研究所(NIH)は、2007年から2016年までの10年間に、ヒトマイクロバイオームプロジェクト(HMP)に2億1500万米ドル、HMP以外の学外のヒトマイクロバイオーム研究活動に7億2800万米ドルを投資しました。同様に、欧州委員会は、主に腸内細菌に焦点を当てたMetagenomics of the Human Intestinal Tractプロジェクト(MetaHIT)を設立しました。2008年から2012年にかけて、1500万米ドルがこのプロジェクトに投資されました。2012年から2018年まで、1400万米ドルがMetaCardis(Metagenomics in Cardiometabolic Diseases)に投資されました。このプロジェクトは、EUが出資する、心代謝疾患(CMD)における腸内細菌の役割を調査した研究プロジェクトです。同様に、Horizon 2020は、2014年から2020年の7年間で約9690万米ドルの資金を活用した、EU最大の研究・イノベーションプログラムです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]