エチレンカーボネートの市場規模、2026年に3億8900万米ドル到達予測

エチレンカーボネートの市場規模は、2021年の2億9000万米ドルからCAGR6.1%で成長し、2026年には3億8900万米ドルに達すると予測されています。エチレンカーボネートの需要は、主にリチウム電池の電解液や潤滑油用途での需要の拡大によって牽引されています。

COVID-19のエチレンカーボネート市場への影響

エチレンカーボネートは、主に潤滑油製造用の原料として使用されます。また、多くのポリマー、樹脂、可塑剤、接着剤やシーラントの溶剤としても使用されています。また、リチウムイオン電池などの各種電池の電解質としても使用されています。したがって、COVID-19がプラスチック、電池製造、建設などの主要な最終用途産業に与える影響は、エチレンカーボネート市場に直接影響を与えると予想されます。

牽引要因:リチウム電池の電解液や潤滑油用途での需要拡大

電気自動車にリチウムイオン電池が広く使われており、同時に、リチウムイオン電池の電解液としてエチレンカーボネートの需要が拡大しています。現在、輸送システムの燃料は石油に大きく依存しており、石油の約70%が輸送車両用に使用されています。この依存度の高さから、環境保護主義者や経済学者の間で懸念が高まっています。環境問題への意識の高まりが、電気自動車の導入につながっています。米国、フランス、中国、日本、ドイツ、英国などで電気自動車が普及していることから、必然的にリチウムイオン電池の採用が進んでおり、その結果、エチレンカーボネートの需要が増加しています。潤滑油は、運輸業や製造業で広く使用されています。自動車のエンジンでは、エンジンの収集、洗浄、冷却用に潤滑油が使用されています。潤滑油は、金属部品の摩擦によって引き起こされるエンジンの摩耗や損傷を軽減するのに役立ちます。エチレンカーボネートは、潤滑油やグリースを製造する際の反応性中間体として使用されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]