変電所オートメーションの市場規模、2026年に542億米ドル到達予測

変電所オートメーションの市場規模は、2021年の399億米ドルからCAGR6.3%で成長し、2026年には542億米ドルに達すると予測されています。変電所オートメーション市場の成長は、従来型変電所の改修要求の高まり、スマートシティにおけるグリッド効率向上のためのデジタル技術の利用増加、電気自動車やハイブリッド車への需要、さらに、相互運用性の問題を解決するためのIEC 61850規格のアップグレードへの需要などによるものです。さらに、COVID-19によるロックダウンで拡大するデジタル活動をサポートするため、データセンターへの需要が高まっています。

COVID-19の変電所オートメーション市場への影響

変電所オートメーション市場のサプライヤーは、アジア太平洋地域、欧州、北米、の各国に製造施設を持っています。企業が提供する変電所オートメーション製品およびソリューションは、公益事業、鉄鋼、石油・ガス、鉱業、輸送などのエンドユーザー産業で使用されています。COVID-19は、変電所オートメーション市場のプレーヤーの事業に影響を与えただけでなく、企業のビジネスにも影響を与えました。世界各国の政府は、医療インフラの整備に力を入れるため、その他の分野への支出を削減しています。そのため、国家的な送電網プロジェクトにおける変電所オートメーション製品・ソリューションの需要は縮小すると予想されます。また、2020年、2021年には世界の多くの地域で商業施設の稼働率が大幅に低下するため、電力消費量が大幅に減少し、電力会社のグリッドインフラのアップグレードが遅れることが予想されます。これらの要因は、変電所オートメーション市場にマイナスの影響を与えると考えられます。

牽引要因:スマートシティ・スマートグリッドインフラ開発への投資

変電所の自動化は、運用・保守コストを削減し、高度な技術を用いてプラントの生産性を向上させます。また、電力ネットワークの高性能、信頼性、安全性を確保し、インターロック機能やスマートロードシェディング機能を実現します。スマートグリッドは、送配電時のエネルギー損失を削減し、信頼性と生産性を向上させ、エネルギー需要をスマートかつコスト効率よく管理することができます。これらのメリットを考慮して、世界中でスマートグリッドの開発のために多額の投資が行われています。

抑制要因:変電所におけるIEDの高額な初期導入コスト

変電所の自動化の初期段階は資本集約的であり、変電所オートメーション市場の成長を抑制する可能性があります。マイクロプロセッサやサービス指向アーキテクチャー(SOA)などの先端技術の使用が増え、変電所に複数のIED(汎用型保護・制御装置)を組み込む必要性が高まっていることから、これらの変電所の購入コストが上昇しています。さらに、スマート変電所を効果的に展開するためには、慣習的な組織の境界を越えた強力な連携、大幅なプロセス変更、厳格なガバナンスが必要です。この高額な投資は、政府の経済的負担を増大させる可能性があります。さらに、電力会社にとっては、スマート変電所を導入した後の運用・保守コストの高さが大きな問題となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]