一軸ねじ式ポンプ(PCP)の市場規模、2026年に59億米ドル到達見込み

一軸ねじ式ポンプ(PCP)の市場規模は、2021年の44億米ドルからCAGR 6.0%で成長し、2026年には59億米ドルに達すると予測されています。市場成長の要因としては、石油増進回収や上流工程でのPCPの使用、先進国における上下水道管理のニーズの高まりなどが挙げられます。

COVID-19の一軸ねじ式ポンプ市場への影響

COVID-19パンデミックにより、多くの国が完全にロックダウンされることになりました。政府や地方自治体から厳しいガイドラインが出され、優先順位の低い業務はすべて停止されました。これにより、エンドユーザーの活動が停止し、PCP市場に悪影響を及ぼしました。今後は、生産活動やサプライチェーンの遅延が短期的な課題になることが予想されます。

牽引要因:石油増進回収やその他の上流工程での使用

一軸ねじ式ポンプは、高粘度の流体を大流量で扱う場合や、高い吐出圧力が必要な場合に適しています。主に石油・ガス、上下水道、食品・飲料、化学・石油化学などの分野で、粘性の高いスラリーや柔らかい固形物を含むスラッジの移送に使用されます。PCPは、オイルサンド油田での重油、超重油、ビチューメンの生産によく使われます。液体の粘度や流量が増加すると機械的効率や体積効率が上昇するため、このような性質の井戸に適しています。PCPは、高粘度の液体や大量の固形物を効率的に処理できるため、水処理や排水処理の分野で広く使用されています。石油・ガス分野では、油井の耐用年数を延ばし、効率的に最大量の油を抽出するために、石油増進回収技術(EOR)が採用されています。EORの手法は、多額の資本投資を必要とし、一般的にリスクを伴います。EORには、強制熱回収、化学的回収、ガス注入など様々な方法がありますが、PCPはそのいずれにおいても重要な役割を果たします。

抑制要因:再生可能エネルギーへのシフト

化石燃料を使用した発電やその他の用途における環境への悪影響の増加に伴い、世界中の政府機関が再生可能エネルギーによる発電を重視しています。アジア太平洋地域、欧州、北米などの地域では、過去10年間、再生可能エネルギー分野への投資が盛んに行われてきました。また、二酸化炭素排出量に対する懸念の高まりや、新技術の登場による太陽光発電所や風力発電所の建設コストの低減、電気自動車の普及率の上昇なども、石油・ガスなど従来のエネルギーから再生可能エネルギーへの移行を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]