AIガバナンスの市場規模、2026年に10億1600万米ドル到達予測

AIガバナンスの市場規模は、2020年の5000万米ドルからCAGR65.5%で成長し、2026年には10億1600万米ドルに達すると予測されています。AI技術の活用に向けた政府の取り組み、AIシステムへの信頼構築の必要性の高まり、AIの意思決定の透明性に対する需要、技術にまつわる規制遵守の高まりなど、さまざまな要因が、AIガバナンスのソリューションやサービスの導入を促進すると予想されます。

COVID-19のAIガバナンス市場に与える影響

金融市場全体の信用リスク、市場リスク、流動性リスク、オペレーショナルリスクを管理・監視することは、地政学的緊張の継続、国際貿易戦争、そして時折発生するハリケーンや地震などにより、非常に困難を伴います。現在のパンデミックの状況は、リスク管理やモニタリングに使われている古い慣習やモデルの再調整を、チーフリスクオフィサーとそのチームに委ねています。COVID-19が世界に与えた影響は、国際協力において相互接続性が重要な役割を果たしていることや、時代遅れの技術が政策立案の障害となっていることを示しています。その結果、各国政府は、AIを活用した信頼性の高いソリューションの特定、評価、調達に向けて動き始めています。医療施設では、人の声や胸部X線写真から感染症を特定するAIシステムに注目が集まっています。また、各国政府は、人から人へ感染するウイルスを監視するため、追跡ツールを提案しています。アジアから欧州まで、公的機関が民間企業と協力して、AIを使ったサービスを活用し、ウイルスの拡散を監視しています。

推進要因:AI技術を活用する政府の取り組み

AIの利点が高まる中、世界各国の組織や政府機関は、AIやML技術を採用し、協議会の設立、新しい基準やガイドラインの開発、フレームワークの設計など、AIガバナンスソリューションを採用するためのさまざまな取り組みを行っています。この背景にある政府の主な目的は、プライバシーと市民の自由を保護し、AI技術に対する信頼と信用を築くことにあります。そのため、多くの企業は、AIソリューションプロバイダー、大学、研究所と協力して、AI技術のリスク要因を特定するための委員会を設立しています。

抑制要因:AIに関する包括的な倫理原則の確立

AIの成果は、ブラックボックス問題のために信頼できない可能性があり、顧客の個人情報、財務データ、患者の診断など、最も重要なタスクにAIを使用する際に、透明性を維持することが困難になる場合があります。そのため、責任を持って説明できるAIシステムを構築するために、多くの政府機関、研究所、AIソリューションプロバイダーは、AI技術の包括的な倫理原則を構築するための綿密な研究を行っています。しかし、1つの価値を守るために規制を構築した場合、別の価値がないがしろにされ、社会倫理が損なわれる可能性があります。つまり、すべての倫理的価値をカバーするAIの包括的な倫理原則を確立することは、現在のAIガバナンスソリューションのシナリオを抑制する要因となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]