フレキシブルエレクトロニクスの市場規模、2026年に485億米ドル到達予測

フレキシブルエレクトロニクスの市場規模は、2021年の319億米ドルからCAGR8.8%で成長し、2026年には485億米ドルに達すると予測されています。家庭用電化製品での需要の高まりや、リジッド基板に比べて製造コストが安いことなどが、フレキシブルエレクトロニクス市場の成長を促進する要因となっています。

COVID-19のフレキシブルエレクトロニクス市場への影響

COVID-19の発生とその蔓延は、フレキシブルエレクトロニクスのバリューチェーンで活動するプレイヤーに大きな影響を与えています。家庭用電化製品の需要の高まりは、フレキシブルエレクトロニクス市場の成長を促進する重要な要因の1つとなっています。しかし、世界各地でのロックダウンによる、すべての製造工場や公共の場、オフィスの完全閉鎖に伴い、フレキシブルエレクトロニクスの需要は劇的に減少しました。さらに、これらのロックダウンは、世界各国のGDPや一人当たりの所得にも影響を与えています。可処分所得の減少は、大衆の購買力の低下を招き、その結果、市場全体の成長率が低下しました。しかし、その後、家庭用電化製品や自動車分野の安定化に伴い、在庫水準が正常化し、フレキシブルエレクトロニクス製品の需要が増加することが予想されます。

牽引要因:家庭用電化製品の需要拡大

フレキシブルエレクトロニクスは、費用対効果が高く、耐久性と信頼性に優れており、スマートフォン、PC、テレビ、タブレット、ウェアラブルなどの家庭用電化製品に広く採用されています。このようなデバイスには、省スペース化、薄型化、軽量化のために、フレキシブルディスプレイが組み込まれています。ディスプレイには大きく分けて、フレキシブル有機EL(OLED)とフレキシブル有機液晶(OLC)の2種類があります。家庭用電化製品の需要増加に伴い、フレキシブルエレクトロニクスの需要も拡大しています。COVID-19パンデミックの影響でスマートフォンの出荷が落ち込んでいますが、スマートフォン市場はすぐに復活すると予想されています。

抑制要因:高い投資コスト

新技術の開発においては、コスト削減が研究開発の強力な推進力となります。しかし、フレキシブルエレクトロニクスの研究に必要な新しい材料や機器のコストは非常に高いものです。そのため、メーカーは、製品の薄型化や軽量化、堅牢性や柔軟性の向上など、コスト削減以上の価値を生み出すために、研究開発に大きな力を注ぐ必要があります。また、新技術の開発には、精密機械や訓練された人材が必要であり、全体的なコストが増加します。このように、投資額が大きいことが、フレキシブル電子・回路市場の抑制要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]