航空機用透明フィルムの市場規模、2025年に15億米ドル到達予測

航空機用透明フィルムの市場規模は、2020年の10億米ドルからCAGR7.7%で成長し、2025年には15億米ドルに達すると予測されています。市場は、航空機の納入数の増加や、航空機の性能、効率、安全性を高めるための航空機用透明材の採用など、さまざまな要因によって牽引されています。

COVID-19の航空機用透明フィルム市場への影響

航空機用透明フィルム市場には、PPG Industries, Inc.(アメリカ)、GKN Aerospace(イギリス)、Saint-Gobain(フランス)、General Electric Company(アメリカ)、Gentex Corporation(アメリカ)などの主要プレイヤーが存在します。これらの企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ、ラテンアメリカなど、さまざまな国で事業を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。COVID-19が2020年の航空機用透明フィルムの生産およびサービスに与える影響は、7%から10%減と考えられます。COVID-19の流行は最終用途産業に悪影響を及ぼし、その結果、2020年の航空機の受注・納入が急激に落ち込むことになりました。これは短期的には航空機市場にマイナスの影響を与えます。一方、2021年第1四半期には、市場は徐々に回復すると予想されます。

牽引要因:航空宇宙産業の近代化と技術の進歩

航空機の近代的なエンジニアリングと建築デザインには、高性能な機械的特性を備えたグレージング素材が必要です。機械的特性には、耐弾性、耐風性、耐爆発性、耐物理的攻撃性などがあります。また、航空機によっては、騒音レベルの低減、太陽放射耐性、遮熱性なども望まれます。合わせガラスは、ガラス、ポリマーフィルム、樹脂、透明ポリマー(ポリカーボネートやアクリル)のフレキシブルシートなど、さまざまな素材を何層にも重ね合わせたもので、通常、航空機のデザインに合わせて複雑な幾何学的形状を形作るために採用されます。また、航空機用透明フィルム市場の進化は、2011年のスマートグラスの登場から始まりました。スマートグラスには、電圧をかけることでガラスの光透過性を変化させるエレクトロクロミック技術が搭載されています。スマートグラスのインタラクティブウィンドウでは、インボードダストカバーとアウトボード構造のキャビンウィンドウシステムの間に電子的に調光可能なパネルが設置されています。このパネルには、2枚の薄いガラス層の間に透明なエレクトロクロミック媒体が挟まれており、窓のシートコントロールにより、乗客は媒体を透過する可視光の量を好みに応じて変更することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]