アルミナ三水和物の市場規模、2025年に19億米ドル到達見込み

アルミナ三水和物の市場規模は2020年の15億米ドルからCAGR5.5%で成長し、2025年には19億米ドルに達すると予測されています。市場の主な促進要因としては、難燃剤や塗料・コーティング剤など、最終用途産業における消費者需要の高まりが挙げられます。一方、水酸化マグネシウムなどの代替品の存在が、市場の成長を抑制する可能性があります。

COVID-19のアルミナ三水和物市場への影響

2020年から2021年にかけて、アルミナ三水和物市場の成長率は緩やかに縮小すると予想されています。生産量の減少により、これまで重要視されていなかった、ガラス産業やゴム産業向けのアルミナ三水和物メーカーの市場にもマイナスの影響が出ています。さらに、中国やその他のアジア諸国に製造拠点を持つ関係企業も深刻な影響を受けています。

牽引要因:非ハロゲン系難燃剤の需要増加

住宅や商業施設の増加に伴い、爆発や火災関連の事故の懸念が高まっています。北米やヨーロッパのいくつかの国では、厳しい防火規制やプロトコルを義務付けています。これらの規制に対応するために、建築物への難燃剤の使用が増加しています。難燃剤の主な用途は、建築・建設・輸送分野の電線絶縁材です。難燃剤は、回路基板、電子筐体、ケーブル・ワイヤーシステムに使用されます。住宅や商業施設での火災の拡大を抑えるための厳しい防火基準が、非ハロゲンフ系難燃剤の需要を押し上げています。環境に優しい代替品への移行により、非ハロゲン系難燃剤としての需要が増加し、市場の成長を促進しています。

抑制要因:水酸化マグネシウムなど代替品の存在

水酸化マグネシウムは無機物の水和物で、アルミナ三水和物よりも熱的に安定しています。慢性腎臓病患者のアルミニウム中毒問題を抑制するために、医療用途で水酸化アルミニウムの代替品として水酸化マグネシウムが好まれるようになりました。水酸化マグネシウムは、難燃剤としても使用され、アルミナ三水和物よりも分解温度が212°F高く、プラスチックの配合や押し出しにおいて、より高い処理温度を可能にします。また、水酸化マグネシウムは医薬品の制酸剤としても使用されています。水酸化マグネシウムは、572°F以上の温度まで安定しています。そのため、処理温度の高いポリマーでは、アルミナ三水和物の代替品としても使用されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]