高速エンジンの市場規模、2026年に271億米ドル到達予測

高速エンジンの市場規模は、2021年の211億米ドルからCAGR5.1%で成長し、2026年には271億米ドルに達すると予測されています。信頼性の高い無停電電源に対する需要の高まり、国際海上貨物輸送の増加、海上観光の増加が高速エンジン市場の需要の主な要因です。さらに、バックアップ電源ソリューションへの需要の高まりが、市場の成長を促進することが予想されます。

COVID-19の高速エンジン市場への影響

高速エンジン業界幹部は、コロナウイルスの蔓延を抑制するための工場閉鎖や、労働者の罹患などにより、製品の製造や納入が遅れることを予想しています。高速エンジンを製造するための部品の多くは、中国、アジア太平洋地域、米国、および欧州などの地域から供給されています。中国や米国での製造現場の混乱は、市場の急速な減少につながる可能性があります。さらに、COVID-19の発生により、多くの国で現地通貨の価値が下落しています。高速エンジンの製造に使用される主要部品は一般的に米ドルで調達されるため、部品コストの上昇につながることが考えられます。

牽引要因:無停電電力への需要の高まりが、バックアップ発電用の高速エンジン市場を牽引

EIAのInternational Energy Outlook 2019によると、世界の電力需要は2040年まで年率2.11%で増加すると予想されています。この成長は、中国やインドなどの非OECD諸国が中心になることが予測されます。しかし、COVID-19とそれに伴う経済の低迷により、2020年の電力需要は短期的に5%減少すると考えられています。もともと、2010年から2018年にかけて、電力生産能力は世界的に速いペースで成長していましたが、T&Dネットワークの開発がその成長が追いついていないため、停電やサージなどの信頼性の懸念が発生していました。発展途上地域では停電や電力供給の停止が多く、先進地域ではブラウンアウトや電圧変動が多く発生しています。

抑制要因:高速エンジンの高額な燃料費や運転・保守費

待機発電機は、大規模なオーバーホールを行うまでに3万時間の稼働が可能ですが、効率的に機能させるためには予防的なメンテナンスが必要です。ディーゼル燃料は、ガスエンジンやガスタービンなどの他の代替手段と比較して、特に長時間の運転にコストがかかります。予防保全のためには、潤滑システム、冷却システム、燃料供給システム、始動用バッテリー、燃料フィルターなどを定期的に整備・補充する必要があります。これらのコストは、ディーゼルエンジンの総運転・保守コストに加算され、再生可能技術の運転コストよりも高額になります。さらに、極端な気温や天候、塩水などの要因により、メンテナンスの頻度が高まります。バックアップパワーソリューション用のバッテリーエネルギーシステムのような新たな技術は、燃料費がかからず、保守・運用が容易です。これらの新興技術との競争が激化する中で、高速エンジンの燃料費や運転・維持費の高騰は、市場成長の抑制要因になる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]