ゲノミクス向けAIの市場規模、2025年に16億7100万米ドル達成予測

ゲノミクス向けAIの市場規模は、2020年の2億200万米ドルからCAGR52.7%で成長し、2025年には16億7100万米ドルに達すると予測されています。医薬品の開発・発見のコストと時間をコントロールする必要性、ゲノミクスにおけるAIへの官民の投資の増加、精密医療におけるAIソリューションの採用などが、この市場の成長を後押ししています。しかし、熟練したAI人材の不足や、医療用ソフトウェアの曖昧な規制ガイドラインが、市場成長を抑制すると予想されています。

COVID-19のゲノミクス向けAI市場への影響

COVID-19パンデミックは、AI技術を加速させる役割を果たし、世界中のエンドユーザーがヘルスケアツールをより快適に活用できるようになりました。診断や医薬品開発向けゲノム配列へのAIの導入は、COVID-19パンデミック発生以降、勢いを増すと予想されます。

抑制要因:熟練したAI人材の不足と曖昧な規制ガイドライン

AIは複雑なシステムであり、AIシステムを開発、管理、導入するためには、一定のスキルを持った人材が必要です。例えば、AIシステムを扱う担当者は、コグニティブ・コンピューティング、MLと機械知能、深層学習、画像認識などの知識が必要です。また、既存のシステムにAIソリューションを組み込むには、人間の脳の動きを再現するための膨大なデータ処理が必要になります。些細なミスでも、システムの故障や望ましい結果に悪影響を及ぼす可能性があります。

エンドユーザー別には、製薬・バイオ分野が最大のシェアを占める

市場は、エンドユーザー別に、製薬バイオ企業、医療機関、研究センター・学術機関・政府機関、その他に大別されます。2019年のエンドユーザー市場では、製薬・バイオテクノロジー企業が最大のシェアを占めています。市場の成長は、医薬品開発の時間とコストを削減するソリューションへの需要が高まっていることに起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]