エンタープライズアーキテクチャーツールの市場規模、2026年に12億8300万米ドル到達予測

エンタープライズアーキテクチャーツールの市場規模は、2020年の9億8900万米ドルからCAGR4.4%で成長し、2026年には12億8300万米ドルに達すると予測されています。市場の成長を促進する主な要因は、ビジネス主導型のエンタープライズアーキテクチャーアプローチを採用するケースが増えていることと、企業の情報技術アーキテクチャーをビジネス戦略に合わせる必要性が高まっていることです。一方、データ侵害の増加とデータセキュリティへの懸念が市場の成長を抑制すると予想されます。また、エンタープライズアーキテクチャーツールへのビッグデータ機能の追加や、アプリケーション合理化などが、ベンダーにとっての市場機会となっています。

COVID-19のエンタープライズアーキテクチャーツール市場における影響

COVID-19パンデミックにより、企業や組織はITへの支出を減らし、新しいソフトウェアやソリューションへの投資が減少しました。さらに、エンタープライズアーキテクチャーツール関連のコストが高いことも、需要が減少する原因となっています。しかし、今後は、ビジネス機能の俊敏性を高めるための使用が増えることから、エンタープライズアーキテクチャーツールの需要は増加する可能性があります。

牽引要因:ビジネス主導型のエンタープライズアーキテクチャーアプローチの採用

エンタープライズアーキテクチャーは、IT戦略の全体像を示すものです。長期的な意思決定を最適化し、既存ルートの中から最適な導入オプションを選択する際の指針となります。ビジネス主導型のエンタープライズアーキテクチャーアプローチは、組織にとって重要なアクションの対応に役立ち、従うべき最適なアクションを示します。新しいビジネスおよび経済環境で競争力を維持するために、組織は新しい戦略と実践を必要としています。

抑制要因:データ侵害の増加とデータセキュリティへの懸念

エンタープライズアーキテクチャーツールは、データベースに格納されている企業データにアクセスすることができます。このデータには、企業の数十年分の情報が含まれており、ビジネスアーキテクチャのモデル化にも役立ちます。サイバー攻撃では、この重要性の高いデータへのアクセスを狙ってきます。2017年に発生したEquifaxのデータ流出事件では、1億4300万人の顧客の個人情報と、20万9000人の顧客のクレジットカード情報が流出しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]