ダークファイバーの市場規模、2026年に87億米ドル到達予測

ダークファイバーの市場規模は、2021年の52億米ドルからCAGR11.0%で成長し、2026年には87億米ドルに達すると予測されています。ISPや通信業界における5Gネットワークの導入や、インターネットの帯域幅に対する需要の増加などが、ダークファイバー市場の成長を促進する要因となっています。

COVID-19によるダークファイバー市場への影響

COVID-19の発生と蔓延は、ダークファイバーのバリューチェーンで活動するプレイヤーに大きな影響を与えています。ISPや通信業界で5Gネットワークの導入が増加していることは、ダークファイバー市場の成長を促進する重要な要因の1つです。しかし、COVID-19の蔓延を抑制するために各国政府が実施したロックダウンにより、ダークファイバーの導入が世界的に大幅に減少しており、市場の成長に影響を与えています。さらに、ロックダウンは、世界各国のGDPや個人の一人当たりの所得にも影響を与えています。可処分所得の低下は、大衆の購買力の低下を招き、その結果、市場全体の前年比成長率が低下しています。しかし、今後は、ISPや通信業界、BFSI業界、IT関連サービスの安定化により、在庫水準の正常化とダークファイバーサービスの需要拡大が見込まれます。

牽引要因:5Gネットワークに対する需要の高まり

通信・ネットワーク業界では、5Gネットワークの需要が高まり、クラウドベースのネットワーク、ゲーム、ビデオストリーミングなどのニーズが高まっています。適切な接続性を備えた高速インターネットへの需要の高まりは、ダークファイバーによって保証されます。デジタルトランスフォーメーションはほぼすべての産業に影響を与えており、データ量は急速に増加しています。機械やセンサーをインテリジェントにネットワーク化するには、特定の範囲内で分析や制御を行うためにデータを送信する必要があります。5Gキャンパスネットワークは、このためのあらゆるソリューションを提供します。5Gネットワークに対する需要の高まりは、市場成長の大きな要因の一つとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]