IoTプロフェッショナルサービスの市場規模、2026年に1499億米ドル到達予想

IoTプロフェッショナルサービスの市場規模は、2020年の988億米ドルからCAGR7.2%で成長し、2026年には1499億米ドルに達すると予想されています。同市場の成長を促進する主な要因としては、データトラフィックの増加につながるIoT接続数の急増、インターネットのユビキタス化と無線技術の発展、さまざまな産業における業務効率化のニーズの高まり、政府によるIoT関連の研究開発活動への取り組みなどが挙げられます。

COVID-19パンデミックのIoTプロフェッショナルサービス市場への影響

COVID-19パンデミックは、企業、産業、政府部門など、あらゆるビジネスラインに大きな混乱をもたらしました。しかし、その後、世界各国でロックダウン規制が緩和され、多くの企業が事業を再開しています。COVID-19発生以降、ヘルスケア、公益事業、製造業、輸送・物流など、さまざまな業種でIoTデバイスの導入が進んでいます。そのため、IoTプロフェッショナルサービスの需要が高まっています。例えば、ヘルスケア分野では、遠隔患者モニタリングや遠隔診断などの遠隔医療ソリューションや、コネクテッド・アンビュランスやコネクテッド・ワーカーなどのソリューションを含むアプリケーション分野で、IoTプロフェッショナル・サービスの利用が増えています。COVID-19の感染者数の増加は、患者や医療機関のスタッフの状況を改善するためのIoTベースのソリューションの需要の高まりにつながります。さらに、COVID-19の発生はエネルギー産業に深刻な影響を与えており、インフラへの現場作業員の労力に代わるものとして、IoTプロフェッショナルサービスが考えられるようになりました。企業は、リモートモニタリング、アラートと通知、リモートサービスとコントロール、そして、潜在的な故障に対処するために、過去とリアルタイムのデータ分析を使用した予測分析と予防保守を行うインテリジェント資産管理ソリューションを考え始めています。

サービスタイプ別では、IoTコンサルティングサービスが最大シェアを占める

IoTコンサルティングサービスは、組織のビジネスプロセスの改善に役立ち、さまざまな戦略の策定、ユースケースの開発、ロードマップの計画、技術の評価、IoTアーキテクチャの構築などに使用されます。IoTコンサルティングサービスを提供する企業は、適切なIoTアプリケーションとアーキテクチャを開発し、組織に導入します。また、新しいIoTインフラの構築や、既存のシステムの強化を支援します。また、IoTコンサルティングサービスを提供する企業は、最小限の専門知識しか持たない非IT企業がIoT技術を理解できるように支援します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]