プロテオミクスの市場規模、2026年に559億米ドル到達予測

プロテオミクスの市場規模は、2021年の259億米ドルからCAGR16.6%で成長し、2026年には559億米ドルに達すると予測されています。特に個別化医療や創薬分野での研究の活発化が、この市場の主な成長要因となっています。加えて、製薬会社やバイオテクノロジー企業による研究開発費の増加、政府の資金援助の増加、技術進歩も市場の成長を後押ししています。

COVID-19がプロテオミクス市場に与える影響

世界中の研究者が重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)のタンパク質の3次元構造の解読に注力していることから、COVID-19の発生は、プロテオミクス市場に多大な影響を与えると予想されます。また、COVID-19に対する効果的な薬剤や生物学的製剤を開発するために、これらのタンパク質の同定方法、構造、特性、相互作用などの研究が進められています。新しい有効な標的治療薬を特定するためには、ウイルスのタンパク質構造とその特定部位を理解することが重要です。この段階では、高解像度の3次元構造を提供するタンパク質結晶化技術が重要な役割を果たします。

牽引要因:癌とそれに伴う遺伝性疾患の増加

過去10年間に、生命科学の分野でいくつかの重要な発見がなされ、ヒトゲノムの解読が達成されたたこともその一つです。これは、プロテオームレベルでの遺伝子発現の評価に焦点を当てた、比較的新しく、ダイナミックな科学の一分野です。現在のプロテオミクスは、タンパク質の同定、定量化、翻訳後修飾の特性評価、構造と機能の解明、可能な相互作用の記述など、いくつかの問題に対処するために限られた研究が行われています。一方で、金銭・技術的にも増大する研究に伴い、血清や組織サンプルに適用できる技術を組み込み、生物学的情報をバイオマーカーの形で抽出することで、臨床医や科学者にとって、癌患者の生物学的システムの理解につながることが期待されています。

市場機会:ナノプロテオミクスの重要性の高まり

ナノテクノロジーの分野は、リン酸化プロテオミクス・金属酸化物ナノ粒子、タンパク質分離のためのナノ構造表面、アレイ技術を用いたバイオマーカータンパク質の分析的検出など、いくつかのプロテオミクスアプリケーションと関連しています。このような背景から、ナノテクノロジーを活用した技術の応用として、ナノプロテオミクスが注目されています。この技術は、ナノポーラス構造、機能化ナノ粒子、量子ドット、ポリマーナノ構造など、さまざまな種類のナノテクノロジーの応用を通じて、プロテオミクスに革命を起こす要素として利用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]