航空機ヘルスモニタリングの市場規模、2025年に55億米ドル到達予測

航空機ヘルスモニタリングシステムは、エンジン、構造、アビオニクスなどのコンポーネントからデータを収集し、航空機のさまざまなシステムの健全性を監視します。このデータを分析することで、部品の故障の可能性を診断・予測し、メンテナンスコストの削減に貢献します。航空機ヘルスモニタリングの市場規模は、2020年の33億米ドルからCAGR10.8%で成長し、2025年には55億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、主に航空機の運用や飛行安全活動の増加に起因しています。

COVID-19の航空機ヘルスモニタリング市場への影響

COVID-19は世界の経済活動に甚大な影響を与え、個人、組織、政府、企業はこの危機に適応しなければなりませんでした。国内線、国際線を問わず、様々な地域で航空機の利用が制限されています。その他の業界同様に、航空機ヘルスモニタリング市場もCOVID-19パンデミックの影響を大きく受けています。部品メーカー、システムメーカー、政府機関、サプライヤー、流通業者、航空機・エンジンメーカー、MRO企業など、様々なステークホルダーが、交通機関の停滞、国境の閉鎖、フリートの活動停止などにより、多大な影響を受けています。

牽引要因:航空会社によるエンジン制御モジュールの使用増加

エンジン制御モジュール(ECM)に対する航空会社の関心が高まっていることが、航空機ヘルスモニタリング市場の成長にプラスの影響を与えています。航空会社は、自社のフリートに対するサポートを強化するために、業界プレイヤーと契約を結んでいます。

抑制要因:データの標準化が行われていない

航空・宇宙分野では、空港、貸主、航空機運航会社、航空会社、航空機・エンジンOEM、部品OEM、MROなどに接続された複数のデータセンターを通じて、大量のデータが生成されています。特定のフォーマットによるデータの標準化が行われていないため、データ分析が複雑になり、航空機ヘルスモニタリングシステムの機能に影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]