不織布接着剤の市場規模、2025年に35億米ドル到達予測

不織布接着剤の市場規模は、2020年の23億米ドルからCAGR8.5%で成長し、2025年には35億米ドルに達すると予測されています。主な市場の成長要因は、ベビーケア、女性用衛生用品、大人用失禁用品などで不織布接着剤の使用が増加していることです。同時に、高品質な製品に対する意識の高まりや、APAC(アジア太平洋地域)、中東・アフリカ、南米での需要の高まりも成長の原動力となっています。一方、原材料価格の変動の影響を受け、先進地域のベビー用紙おむつ市場での成長は停滞しております。

牽引要因:都市人口の増加

都市人口の増加は、不織布衛生用接着剤の需要増加の主な要因となっています。世界の総人口は、2050年には97億人に達すると予想されています。2027年にはインドが中国を抜いて世界最多になると予想されています。サブサハラ・アフリカでは、2050年までに人口が倍増すると予測されています。新興国では、労働年齢人口が急速に増加しています。国連の予測では、2050年には6人に1人が65歳以上の高齢者になると報告されています。このような変化に伴い、ベビー用紙おむつ、女性用生理用品、大人用紙おむつ、医療用製品などの衛生用品の需要が高まっています。このことが、不織布衛生用接着剤の需要を促進しています。APAC地域では、農村部から都市部への人口移動が市場の成長率を高めています。さらに、COVID-19により、医療製品における不織布衛生用接着剤の需要が増加しています。

抑制要因:成熟市場におけるベビー用紙おむつの成長鈍化

米国、日本、西欧諸国など成熟市場では、少子化が進み、かつ、おむつの普及率が非常に高いため、不織布製品の成長が停滞しています。これらの国では、出生率の低下による市場成長の鈍化に対する懸念があります。この成熟市場の、ベビー用紙おむつの普及率はおよそ98%に達しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]