スマートガスメーターの市場規模、2026年に25億米ドル到達予測

スマートガスメーターの市場規模は、2021年の20億米ドルからCAGR 4.7%で成長し、2026年には25億米ドルに達すると予測されています。同市場を牽引する主な要因としては、配電網のデジタル化とネットワーク運用の最適化、高度計測インフラ(AMI)の資産管理、データの計測・分析のためのスマートグリッド技術への投資の増加などが挙げられます。

COVID-19のスマートガスメーター市場への影響

スマートガスメーター市場は、COVID-19の発生により、2020年には縮小することが予想されます。COVID-19パンデミックの影響で、各国がウイルスの拡大を防ぐためにロックダウン状態にあるため、電力業界の成長が鈍化しています。IEAの報告書、Energy Efficiency 2020によると、COVID-19の経済的影響により、効率的なエネルギー源の使用を目指した進展が世界的に鈍化しています。2020年前半の住宅用建物の電力使用量は、20%の増加が報告されたのに対し、商業用建物では約10%減少していました。パンデミックにより自宅で過ごす時間が増えたことでエネルギー消費量が増加し、エネルギー需要が複雑に変化しています。産業部門の電力需要の減少に伴い、電力会社による老朽化したグリッドインフラの交換や新規設置のための投資が縮小することが予測されます。

牽引要因:配電網のデジタル化とネットワーク運用の最適化

モノのインターネット(IoT)は、相互にデジタル情報を伝達する、モノや機器のシステムです。IoTの導入が進むことで、ガスや電気などの複数の産業で、急速なデジタル化が進んでいます。グリッドオペレーターやエネルギー会社は、IoT通信ネットワークにより、現在のエネルギーサービスを提供できるようになりました。さらに、多くの電力会社は通信ネットワークを所有・運用する資金や能力を持っていないため、NB-IoT(IoT機器向けの規格)の利用を増やすことで、新規顧客向けのスマートガスメーターの市場機会が生まれています。2018年に出荷されたスマートガスメーターのうち、セルラーIoTを搭載していたのは10%未満でしたが、2025年には30%にまで増加すると予想されています。つまり、デジタル化は、ガス品質の管理強化やコスト削減など、日々のオペレーションにメリットをもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]