dPCRおよびqPCRの市場規模、2025年に76億米ドル到達予測

dPCRおよびqPCRの市場規模は、2020年の49億米ドルからCAGR9.0%で成長し、2025年には76億米ドルに達すると予測されています。これは、対象となる感染症や遺伝性疾患の発生率の上昇、PCR技術の進歩、投資・資金・助成金の増加、疾患診断のためのバイオマーカープロファイリングの利用増加、ヒトゲノムプロジェクトの成功などによるものです。一方で、dPCRをはじめとする装置の高コストが、市場の成長を妨げています。

COVID-19のdPCRおよびqPCR市場への影響

COVID-19パンデミックは、ヘルスケア業界に多大な影響を与えました。なかでも診断業界が最も影響を受けました。一方で、PCR業界にはプラスの影響がありました。診断や創薬に用いられるデジタルPCRやリアルタイムPCRは、多くの需要があります。業界各社は、COVID-19を検出するための液滴デジタルPCRキットテストの開発に注力しています。規制当局も、COVID-19パンデミックに対抗するため、これらのテストへの支援を行っています。

牽引要因:感染症や遺伝性疾患の発生率の上昇

ゲノム解析技術の需要は、HIV、結核、マラリア、肝炎など、主要な感染症や、がんなどの遺伝性疾患の診断に使用されるようになったことから、過去10年間で着実に増加しています。対象となる疾患が世界的に増加していることに加え、原因となる微生物の診断や推定におけるqPCRおよびdPCR分析の有効性が実証されていることから、qPCRおよびdPCR分析を含む臨床診断検査の利用が促進され、市場の成長を支えています。

抑制要因:dPCRに伴う高い装置コスト

dPCR装置を用いて行う典型的なPCR分析では、望ましいプロセス結果を得るために、PCR、マイクロ流体工学、ナノファブリケーションなどの、複数の科学技術が統合されます。このような装置を開発するためには、多額の資本投資と、ナノスケールでの広範な科学的検証が必要です。さらに、dPCRは比較的新しい技術であるため、ほとんどのメーカーは、最先端のdPCR装置の価格をqPCR装置に比べて割高に設定しています。このため、価格に敏感なエンドユーザーは、dPCR装置の導入に消極的な傾向があります。さらに、研究者や小規模CRO(医薬品開発受託機関)、製薬・バイオテクノロジー企業の間では、ゲル電気泳動や従来のPCRなど、より安価なゲノム技術が好まれるため、プレミアム価格のdPCR機器や試薬の需要が制限されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]