バイオ接着剤の市場規模、2025年に97億米ドル到達見込み

バイオ接着剤の市場規模は、2020年の60億米ドルからCAGR 10.0%で成長し、2025年には97億米ドルに達すると予測されています。バイオ接着剤市場は、環境汚染を抑制するための政府の規制や政策、生分解性製品に対する消費者の意識などにより、高い成長を見せています。また、高品質な生分解性製品の需要、市場への投資、政府の政策や補助金などにより、最終産業でのバイオベース製品の使用が拡大しています。バイオ接着剤の主な用途は、包装・紙、建築、木材、パーソナルケア、医療などです。

COVID-19がバイオ接着剤市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、世界経済に大打撃を与えました。COVID-19の蔓延を防ぐために国境を封鎖し、各国の経済活動を停止させたことで、世界経済は不況に見舞われました。IMFは、2020年から2021年にかけて、世界経済の総生産高が9兆米ドルの損失になると警告しています。

牽引要因:石油化学系接着剤の使用に対する規制の強化

現在、合成接着剤は、工業用途で広く使用されています。長年にわたる環境問題や規制政策の増加に伴い、様々な用途でバイオベースの製品が採用されています。さらに、接着剤メーカーは、安全性を確保し、合成接着剤や石油系接着剤から排出されるVOCによる健康問題や危険性を回避するために、バイオ製品に注目しています。

欧州および北米地域は、環境法などの規制が厳しい地域です。米国環境保護庁(EPA)や米国食品医薬品局(FDA)などの一部の機関は、優先的にバイオ由来の接着剤を使用することを薦めています。このことが、再生可能なバイオベースの製品の研究開発や投資を促進することにつながります。

抑制要因:合成由来の代替品との競争

バイオ接着剤は、再生可能な資源を原料としており、石油を原料とする接着剤に取って代わる可能性があります。しかし、バイオ接着剤は、より安価で製造が容易な合成由来の接着剤との競争に直面しています。大規模な市場に参入するために、バイオ接着剤メーカーは、競争力のある価格で製品を提供しなければなりません。市場の主要な業界では、この課題をチャンスと捉え、優れた性能を持つバイオ接着剤をリーズナブルな価格で製造するための技術開発を進めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]