ブロックチェーンIoTの市場規模、2026年に24億900万米ドル到達予測

ブロックチェーンIoTの市場規模は、2020年の2億5800万米ドルからCAGR45.1%で成長し、2026年には24億900万米ドルに達すると予測されています。IoTセキュリティへのニーズの高まり、透明性と不変性に支えられたプロセスの簡素化、スマートコントラクトやAIを用いたブロックチェーンベースのIoTソリューションの高い導入率が、ブロックチェーンIoT市場の需要を世界的に急増させると予想されます。

COVID-19によるブロックチェーンIoT市場への影響

COVID-19パンデミックは、個人や企業を含む社会のあらゆるセグメントに影響を与えています。この影響で、オンラインビジネスへの依存度が大幅に高まっています。BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、製造業、自動車、小売、運輸・物流などが、インターネットを活用して消費者に必要なサービスを提供しています。一方、ロックダウンは、ブロックチェーンIoTに必要なハードウェアコンポーネントの需要と供給にマイナスの影響を与えました。近い将来、パンデミックなどの災害時には、病院、政府機関および一般市民を守るために、IoTセンサーやブロックチェーンの世界的な導入が進むと考えられます。

牽引要因:IoTセキュリティに対するニーズの高まり

IoTデバイスの普及は、スマートシティプロジェクト、スマートトランスポーテーション、車両接続、スマートグリッド、スマートホームなど、いくつかのアプリケーションで見ることができます。しかし、接続性の向上に伴い、IoTデバイスは、分散型サービス拒否(DDoS)攻撃、ボットネット攻撃、安全でないエコシステムインターフェースなど、セキュリティ上の脆弱性を伴うことが多くなっています。安全性の低いIoTデバイスは、セキュリティシステムを悪用した、サイバー攻撃のアクセスを容易にします。ブロックチェーンソリューションは、IoTデバイスの分散型ネットワークを構築することで、デバイス通信を処理するための中央拠点が不要になります。ブロックチェーンは、データの改ざんやIoTデバイスへの不正アクセスに対する強力な保護機能を備えつつ、IoTセキュリティの魅力的なソリューションを提供します。ブロックチェーンを利用してIoTデータを保存することで、セキュリティの強化、暗号化、透明性の確保が可能となり、許可された人だけがIoTネットワークにアクセスできるようになります。したがって、IoT対応センサーを使用している企業は、IoT資産のセキュリティを強化するために、ブロックチェーン技術への依存度を高めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]