CNG・LPG車の市場規模、2026年に438万9000台の販売予測

CNG・LPG車の市場規模は、2021年の213万5000台の販売から年率15.5%で成長し、2026年には438万9000台の販売に達すると予測されています。低排出ガスの通勤・通学に対する需要の高まりや、各国政府による補助金や税制優遇措置を通じた支援などにより、世界中でCNG・LPG車が提供されています。

各国政府がCNGやLPG用インフラ整備のために投資を増やし、購入者にインセンティブを与えることで、OEMメーカーは収益源と地理的プレゼンスを拡大する機会を得ることができました。アジア太平洋地域では、コスト効率の高い低公害車への需要が高いことから、安定した成長が見込まれています。一方、北米地域は、政府の取り組みや高性能な商用車セグメントの成長により、最も急速に成長している市場です。しかし、CNGやLPGの給油所が少ないこと、初期投資にかかるコストが高いこと、性能面での制約があることなどが、CNG・LPG車市場の成長を妨げる可能性があります。

COVID-19のCNG・LPG車市場への影響

COVID-19の発生当初は、エコシステム全体が混乱していたため、世界中で新車の生産と販売が停止していました。自動車メーカーは、ロックダウンが解除されるまで生産の再開を待たなければならず、ビジネスに影響が及びました。そのため、自動車メーカーは生産量を調整しなければなりませんでした。また、部品の製造が停止し、小規模なTier II、Tier IIIメーカーは資金繰りの問題に直面しました。自動車産業は資本集約度が高く、事業を継続するためには頻繁な資金調達に依存しています。COVID-19発生時の生産停止と需要の低下は、CNG・LPG車メーカーにかつてない影響を与えました。

牽引要因:ガソリン車に比べて低い運転コスト

CNG車やLPG車の運用コストは、ガソリン車に比べて非常に低いです。需要の増加と埋蔵量の減少によりガソリン価格が上昇している今日、CNGやLPGのような代替燃料は、車を頻繁に運転する人にとっては経済的です。これは、CNGやLPGの初期費用が、平均数年の運転で節約できる額に相当するためです。また、

石油価格の大幅な値上げに対して、CNGやLPGの価格上昇ははるかに低いものです。これは、今後、CNG車やLPG車の市場シェアを拡大するための重要な要因です。CNG車は燃料1kgあたり約21kmの走行が可能ですが、ディーゼル車は約17km/L、ガソリン車は平均15km/Lで走行します。

抑制要因:ガソリン車に比べて高い維持費と初期投資コスト

CNG・LPG車の価格は、通常のガソリン車よりも高い傾向にあります。これは、車両に追加される部品のためです。ほとんどのCNG・LPG車では潤滑油が不足しているため、これらの車両の部品はガソリン車に比べて加熱による損傷を受けやすく、定期的なメンテナンスが必要になり、長期的にはコストが高くなります。さらに、部品の寿命が長いガソリン車に比べて、部品を時々交換する必要があります。そのため、CNG・LPG車を利用するのは、月々の使用頻度が高い人です。CNG・LPG車は、広範囲に渡って運転される場合にのみ費用対効果が高くなります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]