合成皮革の市場規模、2025年に785億米ドル到達予測

合成皮革の市場規模は、2020年の633億米ドルからCAGR 4.4%で成長し、2025年には785億米ドルに達すると予測されています。同市場は、履物、家具、自動車、衣類、バッグ、財布などのエンドユース産業における合成皮革の需要の高まりによって牽引されています。履物業界での需要の高まり、動物の殺傷を伴わないこと、本革にない利点、高級車や電気自動車の需要の高まりなどの要因が合成皮革市場を牽引しています。合成皮革の主要な地域はアジア太平洋地域であり、欧州と北米がこれに続きます。

COVID-19の合成皮革市場への影響

アジア太平洋地域は、皮革と合成皮革の最大の生産地です。COVID-19の発生により、皮革産業は悪影響を受けましたが、同時に合成皮革にチャンスの道が開かれました。フィナンシャルエクスプレス紙によると、業界の専門家たちは、靴の消費量の86%が皮革以外で占められおり、今後は、皮革以外の靴の輸出に焦点を当てるべきだと考えています。最近は、世界中の仮設病院や医療機関で、COVID-19やその他の病気に苦しむ患者のためのベッドや家具として、合成皮革への需要が高まる傾向にあります。これらのベッドや家具には、医療用の合成皮革が使用されており、抗菌・防カビ加工が施されています。一方、自動車業界では、自動車の販売台数の減少により、内装用合成皮革の需要が間接的に影響を受けています。また、合成皮革の原料価格の変動も市場にマイナスの影響を与えています。

牽引要因:動物への倫理的観点

PETA(People for the Ethical Treatment of Animals:動物の倫理的扱いを求める人々の会)によると、毎年10億頭以上の動物が皮を剥ぐために屠殺されています。本革のほとんどは中国やインドなどの新興国で生産されていますが、これらの国では動物保護法が適切に施行されていません。しかし、今後、アジア太平洋地域やその他の地域でも、厳しい法律が施行される可能性があり、本革の代替品に対する需要が高まると考えられます。企業は本革の代替品に注目しており、これは一般的に合成皮革と呼ばれています。合成皮革は、動物を殺すことなく、人工的な材料で製造されます。

抑制要因:PUとPVCの人体への有害な影響

合成皮革の製造に使用されるポリウレタン(PU)やポリ塩化ビニル(PVC)などの原材料は、人や動物の健康および周辺環境に有害です。PUはイソシアネートであり、喘息の発作や肺の炎症を引き起こすなど、健康に害を及ぼす可能性があります。また、皮膚を刺激したり、肺炎による呼吸困難を引き起こします。PUの製造工場で働く人々は、ポリウレタンの粉塵にさらされることが多く、その結果、嘔吐、胃の不調、めまいなどの健康障害を引き起こします。

PVCには、塩化ビニルモノマー(VCM)、フタル酸エステル、ダイオキシンなど、さまざまな有毒な発がん物質が含まれています。ダイオキシンは非常に毒性の高い有害物質で、一般的には塩素を含むプラスチックを燃やしたときに放出されます。このように、PVCとPUの製造工程における毒性は、合成皮革市場の大きな抑制要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]