鉄道車両の市場規模、2025年に643億米ドル到達予測

鉄道車両の市場規模は、2020年の516億米ドルからCAGR4.5%で成長し、2025年には643億米ドルに達すると予測されています。都市化の進展により旅客輸送の需要が増加しており、鉄道車両市場を牽引すると考えられます。鉄道インフラへの投資の増加や鉄道網の拡大により、市場の成長が期待されています。また、地下鉄プロジェクトの増加や電化された鉄道路線の拡大は、OEMメーカーにとって収益源を拡大し、地理的なプレゼンスを高める機会となるでしょう。アジア・オセアニア地域では、中国、日本、韓国、インドなどからの鉄道輸送の需要が高いことから、MEA地域に次いで2番目に速い成長が見込まれています。一方、欧州や北米の市場も、旅客輸送や貨物輸送の需要の増加により成長しています。

COVID-19の鉄道車両市場への影響

Bombardier(米国)やAlstom(フランス)などの主要鉄道車両メーカーは、COVID-19のパンデミック期間中、フランス、ドイツ、イタリア、米国、スペインにおいて、需要の減少、サプライチェーンのボトルネック、従業員の安全を守るために生産停止を発表しました。2020年には旅客鉄道車両の需要が減少し、鉄道車両市場にさらなる影響を与えました。さらに、研究開発への予算配分が大きく縮小され、革新的な鉄道開発の妨げとなることが予想されます。鉄道車両の需要は、鉄道事業者からの需要とともに、政府の予算に大きく比例します。企業はCOVID-19の発生による悪影響に対処するため、様々な対策を講じています。例えば、CRRC(中国)は、現在の市場シナリオを利用して、将来を見据えた戦略的な投資を行い、厳しいコスト管理プログラムに従うことで、自社の地位をさらに強化しています。同社は新製品を提供することで、供給契約を獲得し、市場での存在感を高めています。COVID-19危機は、景況感の低下を招き、顧客層のパニックを増大させています。貿易障壁も需給見通しをさらに抑制しています。各地域の政府が産業の全面的な閉鎖や一時的な操業停止を発表したため、生産プロセス全体に悪影響が及び、鉄道車両市場全体の成長の妨げになっています。英国では新種のウイルスが蔓延しており、2021年には英国で2回目のロックダウンが行われ、鉄道車両市場に影響を与えると予想されています。さらに、需要が減少し、政府による鉄道車両への予算配分が遅れることが予想されます。

牽引要因:交通渋滞対策として鉄道を利用

国勢調査報告書2020によると、2019年の米国の世帯所得水準の中央値は2018年と比較して6.8%増加しました。所得水準の上昇により、パーソナルモビリティへの需要が高まり、主要都市では道路交通量の増加につながっています。しかし、道路網のインフラが不十分なため、道路渋滞が増加し、都市部での移動時間の増加につながっています。2019年、世界の主要都市部で渋滞に巻き込まれて運転している時間は平均102時間でした。この状況を緩和するために、都市計画担当者や地方自治体は、高速輸送ネットワークや路面電車を既存の都市インフラと融合させています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]