企業資産管理の市場規模、2026年に55億米ドル達成予想

企業資産管理(EAM)の市場規模は、2020年の33億米ドルからCAGR8.7%で成長し、2026年には55億米ドルに達すると予想されています。EAM市場の成長を促進する主な要因としては、企業によるレガシーな資産管理方法から最新の資産管理への移行の増加、SaaSベースのEAMソリューションの人気上昇、資産の360度ビューを得る必要性の高まり、企業の資産を管理するためのIoTプラットフォームやデバイスの利用の増加、コンプライアンスの遵守に起因するオーバーヘッドの排除、AI、IoT、アナリティクスなどのテクノロジーの融合、エンドユーザーのモバイル利用の増加などが挙げられます。

COVID-19のEAM市場への影響

企業は、COVID-19状況下での資産管理のために、日々のオペレーションをリモートで実行できる、クラウドベースのEAMソリューションを選択しています。EAMは資産を効果的に管理できるため、2020年には需要が急増すると予想されています。様々な業種の企業が、従業員の福利厚生と業務効率の維持のために在宅勤務モデルを採用しており、クラウドベースのソリューションの需要が急増しています。多くの企業がITインフラの整備に力を入れているため、EAMソリューションの需要は今後も拡大していくでしょう。

牽引要因: IoTプラットフォームやデバイスの利用増加

EAM市場は、補完的な新技術の出現により、大きな転換期を迎えています。産業用モノのインターネット(IIoT)の進化により、EAMシステムの需要が高まっています。IoTは、遠隔地からのモニタリングやデータの調達に役立ちます。このデータは、EAMシステムと統合することで、洞察力のある情報を導き出すのに役立ちます。

抑制要因:多様な業務構造を持つ企業への導入

近年、EAMは業務用プラットフォームとして進化しています。EAMの導入に成功した企業がいくつか報告されている一方で、EAMを導入していない企業も少なくありません。その理由の1つには、顧客の期待と提供されるソリューション間の大きなギャップがあります。異なる機能ドメインを持つ組織にとって、EAMの導入は困難で複雑な作業になる可能性があります。これを避けるために、アセットマネージャーは、導入プロセス中に変更される可能性のある資産やコンポーネントを理解しておく必要があります。EAMシステムの導入は、複数のシステムやプロセスに影響を与えるため、部門横断的な調整が必要です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]