ビルディングオートメーションシステムの市場規模、2026年に1121億米ドル達成予測 セキュリティシステムの強化に有利

ビルディングオートメーションシステムの市場規模は、2021年の735億米ドルからCAGR 8.8%で成長し、2026年には1121億米ドルに達すると予測されています。これは、セキュリティシステムを強化したエネルギー効率の高い施設への需要によるものです。また、無線通信技術の進歩により、同システムを設置する際の複雑さやコストが軽減されています。

COVID-19のビルディングオートメーションシステム市場への影響

COVID-19以前、不動産投資はこの分野で活動するプレイヤーにとって、世界的に安定したキャッシュフローとリターンを生み出していました。しかし、COVID-19の発生と蔓延により、このシナリオは急速に変化し、不動産部門はマイナスの影響を大きく受けました。米国、欧州、アジア太平洋地域の多くの不動産部門は、パンデミックの影響を大きく受けており、同時にビルディングオートメーションシステム市場の成長に影響を与えています。

牽引要因:自動化セキュリティシステムの導入

ビルディングオートメーションシステムは、ビデオ監視システムや生体認証システムを用いて、建物のセキュリティを自動化するのに役立ちます。ビデオ監視システムは、人々の行動や活動を監視・記録します。監視システムは、空港、学校、オフィスビルなどに導入されています。テロ攻撃や犯罪行為の増加により、セキュリティ問題への関心が高まっていることから、主要国政府は、公共の場や重要なインフラを保護するために、これらのシステムの設置を義務付けています。

抑制要因:導入コストに対する誤った認識

ビルディングオートメーションシステムは、エネルギーを節約し、運用・保守コストを削減するのに役立ちます。しかし、エンドユーザーやビルオーナーは、ビルオートメーションシステムの導入コストが高いという誤った認識を持っているため、同システムの導入を躊躇しています。また、導入コストは主に特定のアプリケーションに関連する統合の複雑さに依存するという事実も知られていません。エンドユーザーは、手頃な価格のビルディングオートメーションシステムを求めているものの、エネルギーの節約量や、コスト削減に関する恩恵を正確には把握していません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]