クロマトグラフィー樹脂の市場規模、2025年に33億米ドル到達見込み モノクローナル抗体の精製に不可欠

クロマトグラフィー樹脂の市場規模は、2020年の22億米ドルからCAGR 8.2%で成長し、2025年には33億米ドルに達すると予測されています。これは、製薬・バイオテクノロジー、食品・飲料、水・環境分析などの用途におけるクロマトグラフィー樹脂の需要の高まりによるものです。治療用抗体の需要増加、医薬・ライフサイエンス研究への官民による投資、食品安全への関心の高まりなどの要因が、クロマトグラフィー樹脂市場を牽引します。世界のクロマトグラフィー樹脂市場は、数量ベースでは北米が、金額ベースでは欧州が、そしてアジア太平洋地域がそれに続いています。

COVID-19がクロマトグラフィー樹脂市場に与える影響

COVID-19パンデミックは様々な産業の成長に影響を与え続けています。需要の減少を記録した産業がある一方で、安定した状態を維持した産業もあり、製薬・バイオなどの業種は成長機会を得る事になりました。クロマトグラフィー樹脂市場は以前から高い成長率を示していましたが、COVID-19の発生により、様々な医薬品の承認にクロマトグラフィー技術が採用され、2020年にはさらに市場が拡大すると考えられました。現在、世界中でCOVID-19の研究活動が増えおり、クロマトグラフィーにおける医薬品の研究開発の重要性からも、市場成長を促進すると考えられます。

牽引要因:治療用抗体の需要増加

クロマトグラフィーは、モノクローナル抗体(mAb)の精製に不可欠なステップです。過去10年間で、腫瘍治療をはじめ、アルツハイマー病や自己免疫疾患、炎症性疾患などの治療におけるモノクローナル抗体の需要が大幅に増加しています。治療薬への需要は、患者数に伴い増加しています。その結果、ほとんどすべての大手製薬会社が治療用抗体の研究開発に取り組んでいます。

抑制要因:熟練した専門家の不足

クロマトグラフィー樹脂市場は、近年、急速な技術進歩を遂げています。製薬業界では、クロマトグラフィー機器を操作し、技術を実行できる熟練した専門家が不足しています。クロマトグラフィー機器を適切に使用するためには、様々なクロマトグラフィー技術に関する経験と知識を持った専門家が必要です。例えば、カラムの充填が安定していないと、純度レベルや製品収率が低くなり、最終製品の品質に影響を与える可能性があります。さらに、タンパク質やその他の生体分子の精製には、適切なクロマトグラフィー技術の選択が重要な役割を果たします。樹脂や技術を効果的に使用しないと、莫大な資本損失が発生します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]