錠剤コーティング市場、2025年に9億6900万米ドル到達予測 医薬品製造は、新興国への業務委託が増加

錠剤コーティング市場は、2020年の7億3900万米ドルからCAGR5.6%で成長し、2025年には9億6900万米ドルに達すると予測されています。これは、製薬業界の成長と、研究開発活動の増加が主な要因となっています。また、ジェネリック医薬品市場の拡大、バイオ医薬品分野の急成長、栄養補助食品産業の成長、希少疾病用医薬品の採用増加なども市場の成長を支えています。さらに、医薬品製造の中心が新興国に移っていることや、新興国への業務委託が増加していること、生物製剤やバイオシミラーの業界が成長していることなども、市場成長の大きなチャンスとなっています。また、スポーツ栄養への関心の高まりや、ニッチ市場における技術の進歩も、錠剤コーティング業界で活動するプレイヤーに大きな成長機会をもたらしています。

一方で、医薬品や賦形剤の承認に関する規制の厳格化、コストと時間のかかる医薬品開発プロセス、マイクロカプセル化プロセスに伴う高コスト、課題の残る薬価統制政策などが、予測期間中の市場成長を抑制すると考えられます。さらに、安全性や品質に対する懸念の高まり、偽造医薬品の蔓延、各国の貿易政策の変化、アルコールによる徐放性製剤の用量ダンピングなどが、市場成長の大きな課題となっています。

COVID-19が錠剤コーティング市場に与えた影響

現在、COVID-19を治療するための医薬品の需要が高まっています。これにより、錠剤コーティング賦形剤などの製品の需要が高まることが予想されます。COVID-19の臨床試験パイプラインには、様々な開発段階にある155の分子のリストが含まれています。最大の分子は、他の感染症や炎症性疾患に対して既に承認されている薬の再利用であるため、高い開発段階にある第2相試験のものが、医薬品開発パイプラインの中で最大のシェアを占めています。さらに、未承認薬のコンパッショネーット使用制度は、高リスクの患者の治療に対し、他の選択肢がない場合に、未承認薬(ライセンスには数年から数十年かかることもある)を使用することを可能にします。イタリアでは、生命を脅かす臨床症状を呈するCOVID-19感染症が確認された患者に対して、治験薬であるオパガニブ(Yeliva)の即時かつコンパッショネーット使用が可能となりました。このような動きを考慮すると、今後、未承認薬の生産や使用が増加することが予想されます。これは、錠剤コーティングの需要を促進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]