メタリックパウダーコーティングの市場規模、2025年に33億米ドル到達予測

メタリックパウダーコーティングの市場規模は、2020年の23億米ドルからCAGR7.5%で成長し、2025年には33億米ドルに達すると予測されています。これは、メタリックパウダーコーティングの最大の消費者である建築業界の継続的な成長によるものです。

COVID-19のメタリックパウダーコーティング市場への影響

COVID-19の発生により、塗料やコーティング剤の製造に使用される原材料の生産に支障が出ています。インド、中国、日本、シンガポール、タイなどのアジア諸国は、塗料やコーティング剤の製造拠点であり、原材料の主要な供給元となっています。APAC(アジア太平洋地域)における新型コロナウイルスの発生は、これらの原材料の供給に悪影響を与えています。例えば、中国は樹脂の主要な供給国の一つであり、世界市場に100万トンの樹脂を輸出しています。原材料の供給が途絶えたことで、塗料やコーティング製品の生産量が減少しています。2020年4月には、すべての民間ビルや建設現場、政府の建設物、自動車のリファイン事業が大打撃を受けました。小売業者も市場の停止を受けて、すでに発注済みの塗料・コーティング製品の大量注文をキャンセルしています。

牽引要因:建築・自動車業界におけるメタリック顔料の需要拡大

メタリックパウダーコーティングは、その驚異的な耐候性と優れた色・光沢の保持性から、建築業界で多大な需要があります。耐食性と優れた耐候性により、ファサード、カーテンウォール、窓、ドア、アルミ形材、シートメタル、クラッディングなど、建築物の外装用途として非常に人気があります。 特殊で魅力的な製品に対する消費者の需要が高まっていることから、メタリック顔料は自動車産業でもの選択肢の一つとなっています。自動車業界におけるアルミ顔料の普及は、市場の成長を促進してきました。また、二酸化炭素排出量の少ない製品に対する意識が高まっていることから、環境に優しい塗料やコーティング製品に使用されるメタリック顔料の需要が高まると予想されます。メタリックパウダーコーティングの使用で色の選択肢が増え、消費者間での利用が急増しています。

抑制要因:高価格なメタリックパウダー

メタリックパウダーはソリッドカラーパウダーに比べて高価であり、中でもボンディングメタリックは特に高額です。それは、ボンデッドメタリックパウダーを作るのに必要な工程によるものです。また、メタリックにはクリアなトップコートを必要とするものと、ベースコートを必要とするものがあります。また、メタリックパウダーは、ソリッドカラーパウダーよりも高度なスプレー技術を必要とします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]