高純度メタンガスの市場規模、2025年に88億米ドルに達成予測

高純度メタンガスの市場規模は、2020年の68億米ドルからCAGR5.2%で成長し、2025年には88億米ドルに達すると予測されています。高純度メタンガス市場の推進要因は、電気・電子産業からの需要の拡大です。

COVID-19の高純度メタンガス市場への影響

高純度メタンガス市場には、大阪ガス(日本)、住友精化(日本)、Linde Plc(アイルランド)、Air Liquide(フランス)、Matheson Tri-Gas Inc(米国)などの主要なTier IおよびTier IIサプライヤーが存在します。これらのサプライヤーは、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、北米、その他の地域の様々な国に製造施設を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。

これらの企業は、COVID-19パンデミックにより、米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインにおいて、需要の低下、サプライチェーンのボトルネック、従業員の安全を守るために、生産の停止を発表しました。その結果、2020年には高純度メタンガスの需要が減少することが予想されます。メーカーは、ボトルネックを防ぐために生産を調整し、Tier Iメーカーの需要に応じて生産計画を立てると思われます。

牽引要因:エレクトロニクス産業からの需要増加

高純度メタンガスは、シリコンウェハー、集積回路(IC)、半導体、太陽電池製品など様々な電子部品に使用されています。高純度のメタンガスは、低光吸収性、高導電性、高電荷移動度、柔軟性、曲げやすさなどの優れた特性を持つグラフェンを製造するための主要な原料となります。グラフェンは、ハニカム構造に配列された炭素原子からなり、その厚さはわずか1原子です。これらの特性から、太陽電池やトランジスタなどの多くの用途で採用されています。グラフェンの応用で最も期待されているのは、透明導電性電極としての利用です。透明導電性電極には、高い光学的透明性と電気伝導性が求められます。また、グラフェンは、ほとんどすべての電子機器に不可欠な要素であるマイクロチップやトランジスタの製造にも使用されております。電子部品や半導体へのグラフェンの利用が拡大していることに加え、半導体の搭載容量の増加、各種電子機器に採用される集積回路、新技術の開発などが、高純度メタンガスの市場を牽引しています。

抑制要因:ガス処理の高コスト

高純度のガスを製造するためには、ブレンド技術、ボンベの準備、実験室での分析、統計的な品質管理などが必要です。そのため、高純度ガスは工業用ガスに比べて非常に高価になります。1%の分析精度を持つEPAプロトコル混合物は、1500米ドルものコストがかかります。他の特殊な製品と同様に、特定の純度やガス混合物の最終コストは、その調製に伴う難易度や複雑さによって大きく左右されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]