デジタルサイネージの市場規模、2021年からCAGR11.2%で成長し2026年に278億米ドル到達予測

デジタルサイネージの市場規模は、2021年の163億米ドルからCAGR11.2%で成長し、2026年には278億米ドルに達すると予測されています。これは、商業用途でのデジタルサイネージの採用が進んでいること、新興国でのインフラ整備が進んでいること、4Kおよび8Kディスプレイの需要が急増していること、ディスプレイの技術革新が進んでいることなどによるものです。

COVID-19のデジタルサイネージ市場への影響

デジタルサイネージ市場には、Samsung Electronics、LG Electronics、シャープ、Leyard Optoelectronic、ソニー、Barco、パナソニック、Shanghai Goodview Electronics、AU Optronics、BrightSignなどの主要企業が参入しています。これらの企業は、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、北米、欧州の様々な国に製造施設や本社を置いています。これらの企業が製造するデジタルサイネージ製品は、様々な用途のために複数のステークホルダーによって購入されています。COVID-19は、デジタルサイネージメーカー各社の経営に影響を与えただけでなく、そのサプライヤーや流通業者のビジネスにも影響を与えました。また、COVID-19以前と比較して、デジタルサイネージやディスプレイ製品の輸出量が減少し、国内需要が低迷していることも、短期的にはデジタルサイネージの需要にマイナスの影響を与え、停滞することが予想されます。

牽引要因:商業用途でのデジタルサイネージ導入の増加

デジタルサイネージ市場は世界的に大きな成長を遂げています。これは、小売店やホスピタリティセンター、その他の公共スペースなどの商業施設にデジタルサイネージが設置され、商品情報や指示、案内、娯楽コンテンツなどを表示して広告を行っていることによります。商業施設でデジタルサイネージを使用することにより、企業は効率かつ効果的に顧客にリーチし、顧客と対話することができます。その結果、消費者のブランド認知度の向上、企業の経営効率の改善、通行人の注目を集めること、市場での新製品の宣伝、顧客体験の向上など、企業にとって新たなビジネスチャンスを呼び込むことができます。

抑制要因:COVID-19をきっかけとしたオンライン広告の拡大

大手小売業者や製品サプライヤーによるオンライン広告や放送広告への支出が増加していることが、今後のデジタルサイネージ市場の成長を妨げると予想されます。世界的にインターネットを利用する個人の数は急速に増加しており、広告会社はオンラインプロモーションを通じて多くの視聴者層をターゲットにするようになりました。COVID-19の発生と流行を受けて、オンラインによる広告や放送方法の採用が増加しています。インターネット広告は、デジタル・アド・イノベーションを刺激し世界的な広告費の急増に貢献しています。そのため、世界中の企業は、物理的・固定的な広告よりも、インターネット広告に多額の費用をかけるようになっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]