ブリスター包装の市場規模、2025年には341億米ドル到達予測

ブリスター包装の市場規模は、2020年の241億米ドルからCAGR7.2%で成長し、2025年には341億米ドルに達すると予測されています。ブリスター包装市場は、ヘルスケア、食品、消費財、工業用品などのエンドユース産業からの需要が拡大しています。これは、費用対効果の高さと、製品保護のためのタンパーエヴィデント(不正開封の跡がすぐ分かる)デザインに起因しています。

COVID-19のブリスター包装市場に与える影響

ブリスター包装は主にヘルスケア業界で使用されています。ブリスター包装需要の約70%は、ヘルスケアパッケージング用途が占めています。COVID-19パンデミックでは、医薬品・医療品の需要が増加したことから、ブリスター包装の需要が増加しました。FDAなどの国際的な規制機関により、COVID-19を制御するための暫定的な医薬品の使用が承認されました。また、世界各地で新しい病院やCOVID-19センターが設立され、医療機器の需要が増加しました。これらの要因により、ブリスター包装の需要が増加していると考えられます。ブリスター包装は、工業製品、消費財、食品にも使用されています。COVID-19により工業製品や消費財分野での需要は減少しましたが、食品分野での急増が報告されています。

牽引要因:費用対効果

消費者の選択は、従来の医薬品用ボトルから、ユニットドーズ包装であるブリスター包装へと徐々にシフトしてきています。ブリスター包装は、ヘルスケア業界で医薬品や医療機器に使用されています。また、消費財、工業用品、食品業界など幅広い用途で使用されています。さらに、ブリスター包装は必要な資源が少なく、小売店の棚の占有面積も少なく、優れた吊り下げ式のディスプレイを可能にします。そのため、硬質ボトルなど他の包装形態と比較して低コストで入手でき、費用対効果に優れています。

抑制要因:重量物の包装には不適切

ブリスター包装は製品の賞味期限を延ばすために使用されますが、主に軽量の製品を保護する目的で使用されるため、重量物の包装には理想的な手段ではありません。重量物は、包装されている板紙の台紙やプラスチックフィルムに過剰な負担をかけることになります。その結果、製品の取り扱いや保管、輸送中にパッケージが破損し、コストの増加や製品の破損につながる可能性があります。また、高価で壊れやすい製品の場合も、破損によりメーカーに損失を与える可能性があるため、ブリスター包装はお勧めできません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]