泌尿器デバイスの市場規模、2026年に464億米ドル到達見込み

泌尿器デバイスの市場規模は、2021年の380億米ドルからCAGR4.1%で成長し、2026年には464億米ドルに達すると予測されています。これは、泌尿器系疾患の発生率や有病率の上昇、病院数の増加や内視鏡・腹腔鏡施設への投資などが要因となっています。

COVID-19の泌尿器デバイス市場に与える影響

世界保健機関(WHO)がCOVID-19の発生を正式にパンデミックと宣言したことで、既存の製薬会社やバイオ製薬会社、小規模なスタートアップ企業が、新型コロナウイルスによる感染症を標的とした治療法やワクチンの開発に乗り出しています。COVID-19パンデミックは、世界中の医療システムに混乱をもたらし、泌尿器科医療と泌尿器科医療提供者にも大きな影響を与えています。一般的にCOVID-19ウイルスは、患者に急性呼吸困難を引き起こし、急性腎障害や、場合によっては腎不全を引き起こす可能性があります。米国腎臓学会によると、集中治療室に収容された重症のCOVID-19患者の約10%から50%が何らかの透析を必要とする腎不全に陥っています。COVID-19の感染者が世界的に増加していることから、人工透析の需要が高まることが予想されます。移動に制限がかかっている状況の中、自宅用透析装置の需要が高まっています。

牽引要因:低侵襲手術への関心の高まり

ここ数年、低侵襲手術(MIS)は技術的に大きな変化を遂げ、手術室で行われる泌尿器科手術のあり方にパラダイムシフトをもたらしました。低侵襲手術機器は、傷跡が少なく、回復が早く、入院期間が短く、出血や外傷が少なく、感染症のリスクが低く、全体的な医療費を削減できるなどの利点があります。泌尿器科領域では、MISは、ロボット、内視鏡、腹腔鏡を用いて尿路および関連臓器にアクセスし、泌尿器疾患の診断、治療、管理を行います。泌尿器科医が最もよく使用しているロボットシステムは、Intuitive Surgical社(米国)のda Vinciロボット手術システムです。このシステムでは、外科医が機械化されたアームの器具を操作する手術コンソールを使用します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]