術中イメージングの市場規模、2025年には25億米ドルに到達予測

術中イメージングの市場規模は、2020年の19億米ドルからCAGR5.2%で成長し、2025年には25億米ドルに達すると予測されています。同市場は、大手製品メーカーだけでなく、新興の製品メーカーにとっても成長の可能性を秘めています。技術の進歩、手術件数の増加、資金や官民の投資の増加などが、術中イメージング市場の成長を促進する主な要因となっています。

COVID-19の術中イメージング市場への影響

COVID-19パンデミックは、術中イメージング市場に大きな影響を与えています。この市場では、製造およびサプライチェーンにおける課題に直面しています。さらに、診断テストを実施・研究するための熟練した専門家の不足、限られた業務、研究機関や学術機関への不十分な資金提供、主要な学術機関の一時的な閉鎖、サプライチェーンの混乱、アフターサービス提供の問題などにより、エンドユーザーへの術中イメージング製品の供給が減少しています。パンデミックは、米国、フランス、英国など感染率の高かった国では、臓器提供や移植に悪影響を及ぼし、いずれも移植件数が50%以上減少したと報告されています。一方、COVID-19の発生率が低下している国もあり、このパンデミックが、同市場の基本的な成長要因に与える影響が長期に及ぶとは考えられていません。

牽引要因:術中イメージング診断モダリティの技術的進歩

過去10年間、医療機器分野では、術中イメージング診断における大きな変化と技術的進歩を目の当たりにしてきました。その中には、焦点を絞った画像診断技術や、ポータブル・ハンドヘルド・スマートフォンベースの術中イメージング診断機器が含まれています。技術的に進歩した術中イメージングシステムは、従来のイメージングデバイスと比較して、より迅速な結果、より高い画像品質、より簡単な操作、シンプルなコンソールを提供します。

術中イメージング市場の主要プレイヤーは、技術的に優れた新製品の発売にますます注力しています。この市場でのイノベーションは、経済的かつ技術的に高度で、使いやすい術中イメージングシステムの開発に焦点を当てています。重要な技術的進歩は、術中イメージング診断システムから発生するノイズや音の低減です。主要メーカーは、音の発生を大幅に低減した機器を継続的に製造しています。機能向上と応用分野の拡大に焦点を当てた技術的進歩が、エンドユーザー間での術中イメージングの需要を促進しています。

阻害要因:術中イメージングシステムのコスト高

術中イメージングシステムは高価格で、導入には多額の投資が必要なため、患者の処置コストが増大します。特に新興国では新しいシステムの導入率に影響を与え、これらの国のほとんどの医療施設はシステムを購入する余裕がありません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]