車載用イーサネットの市場規模、2026年に56億米ドルに到達見込み

車載用イーサネットの市場規模は、2020年の18億米ドルからCAGR20.9%で成長し、2026年には56億米ドルに達すると予想されています。次世代自動車アプリケーションでは、車載インフラの複雑性が増しています。自動車には、現在、ネットワークモジュール、電子制御ユニット(ECU)、センサー、アクチュエーター、接続モジュール、ケーブルなどが大量に搭載されており、その結果、車内が複雑化しています。自動車メーカーは、車載インフラの安定性を維持し、ネットワークの負荷を最小化するために、次世代技術を採用しています。

COVID-19パンデミックにより、企業はビジネス戦略の見直しを迫られています。パンデミックは、世界中の自動車業界に悪影響を及ぼしています。都市の封鎖とソーシャルディスタンスの確保により、自動車エコシステムのベンダーは2020年最初の6ヶ月間、事業の停止を余儀なくされました。COVID-19ワクチン接種の進展、各国政府の景気刺激策、世界経済の立ち直りにより、自動車部門が回復し始めています。2020年の第3四半期および第4四半期には、北米、APAC(アジア太平洋地域)、欧州で自動車販売台数の増加が見られました。この増加傾向は、乗用車および商用車セグメントにおける強い顧客需要によってもたらされています。電気自動車(EV)は、EVインフラの整備、政府の取り組み、費用対効果などにより、将来的に最大の市場シェアを獲得することができます。

牽引要因:電気自動車の普及

自動車メーカーは、電気自動車の設計に多大な資金を投入しています。政府当局は、消費者用および商業用の電気自動車の生産を促進するため、いくつかの取り組みを行っています。チップセットやモジュールの進化、リチウムイオン電池の入手、充電インフラの近代化など、テクノロジーの進化とエコシステム全体の発展が、世界中でEVの成長を後押ししています。技術の進歩、政府の政策、消費者経済の成長、そしてOEMの投資が、EV生産を後押しする主な要因となっています。

抑制要因:従来の技術からイーサネットへの移行の複雑さ

接続性は、車載インフラにおいて重要な役割を果たします。ここ数十年、CAN、LIN、FlexRay、Radio Frequency (RF)が車載用コネクティビティ業界の主流となっています。自動車のOEMやTier1サプライヤーは、車載ネットワークに従来の技術を使用することが一般的です。これらの技術はプロファイルの低いプロトコルで、車内のECUにエンドツーエンドの接続性を提供します。MOSTやFlexRayなどの一部の技術は、インフォテインメントやADASといった新しいアプリケーション分野をサポートするために設計されました。しかし、インフォテインメントアプリケーションで高帯域かつ低遅延を実現するには、技術的に不十分です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]