生物学的種子処理の市場規模、2025年に17億米ドルに到達予測 研究開発への多大な投資が市場を牽引

生物学的種子処理の市場規模は、2020年の9億米ドルからCAGR11.9%で成長し、2025年には17億米ドルに達すると予測されています。市場は、持続可能な農業手法の採用に加え、主要市場プレーヤーが製品の研究開発に多大な投資を行っていることに影響されています。生物学的種子処理ソリューションに関連する農業上および環境上の利点は、業界の世界的な成長の主な要因となっています。有用微生物や植物抽出物は、合成肥料や化学農薬の使用を減らし、農家の投資や環境リスクを軽減する重要なツールとして機能すると予測されます。

COVID-19の種子処理市場への影響

生物学的種子処理市場には、BASF SE(ドイツ)、Bayer AG(ドイツ)、Novozymes A/S(デンマーク)、Syngenta Group(スイス)、Corteva Agriscience(米国)などの主要なTier1およびTier2サプライヤーが含まれています。これらのサプライヤーは、アジア太平洋地域、欧州、北米、南米、その他の様々な国に製造施設を持っています。COVID-19パンデミックの結果、サプライチェーンが混乱し、農業分野では、労働力の不足、輸送障壁、市場アクセスの制限、一部地域での在庫不足などの問題に直面しました。多くのメーカーが原材料の不足による問題に直面し、種子処理製品の製造を縮小することになりました。COVID-19以降、農業活動が正常化したことで、各社は製品を必要な場所に届けることができるようになりました。他の生物学的農業製品と同様に、種子処理製品も重要な役割を果たしており、世界中の農家にとって欠かせないソリューションとなっています。

牽引要因:化学的種子処理に伴う環境問題

生物学的種子処理の可能性に対する高い認識と、従来の化学薬品に伴う環境・健康リスクにより、生物学的種子処理の需要が大幅に増加しています。化学薬品による種子処理は、環境に悪影響を与え、受粉媒介者に深刻なリスクをもたらします。ネオニコチノイド系の殺虫剤は、ミツバチに対して非常に強い毒性があるとされています。害虫駆除の活性物質として使用される微生物は、合成化学物質と比較して、環境や非標的種に対して一般的に安全であると認識されています。

抑制要因:政府による規制の障壁

生物活性成分の規制環境は、国や地域によって異なります。一般的に、生物学的種子処理製品は有益でありながら、化学的植物保護製品とは異なるものと認識されています。しかし、この認識は一貫したものではなく、国によっては、生物学的製剤が特定の法律に基づいて登録されていたり、化学的植物防護製品と同様の方法で登録されていたり、明確なプロセスが存在しない場合もあり、まちまちです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]