都市型エアモビリティの市場規模、2030年に91億米ドルに到達見込み

都市型エアモビリティの市場規模は、2020年の26億米ドルからCAGR13.5%で成長し、2030年には91億米ドルに達すると予測されています。近年の技術開発、様々な民間・商業用途でのUAVの使用、新興国での多額の投資が同市場を牽引しています。都市型エアモビリティ市場では、Wisk(米国)、Lilium(ドイツ)、Ehang(中国)、Volocopter(ドイツ)、Airbus A Cubed(米国)など、さまざまなプレイヤーが活動しています。これらのプレイヤーは、UAMプラットフォームの開発に注力しています。ドローンは、耐久性が良く、人間のオペレーターによる遠隔操作や、搭載されたコンピューターによる自律的な操作ができるため、小型の有人航空機に取って代わるケースが増えています。また、Eコマース業界では、荷物の迅速な配送に対する消費者の需要が高まっており、顧客は当日配送のために追加料金を支払うことも厭いません。最近の都市型エアモビリティの技術開発からは、無人システムを使った次世代の交通システムの採用という有望な未来が期待されます。

COVID-19の都市型エアモビリティ市場への影響

COVID-19パンデミックにより、UAMのサプライチェーンはかなりの影響を受けます。米国およびEUにおけるCOVID-19の蔓延は、UAM車両の研究開発施設のロックダウンを引き起こし、マイナスの影響を与えると考えられます。アジア太平洋地域でのロックダウンは、UAM業界の多くの有望なスタートアップにビジネス上の損失をもたらしました。多くのスタートアップ企業は、開発の遅れや資本の喪失により、この分野での活動を続けることができませんでした。UAMの商業化は、COVID-19以前の状況に比べて1年ほどの遅れが見受けられます。

牽引要因:代替輸送手段としての需要の拡大

国連経済社会局人口部の2017年報告書によると、世界の人口は2030年に85億人に達し、その68%が都市部に住むと予想されています。1950年には7億5100万人だった世界の都市人口は、2018年には42億人に増加しています。都市部に住む人口が増えると、大量の移動を可能にするために交通システムを効率的に管理する必要があります。そのため、世界中の都市では、交通渋滞問題を解決するために、代替となる交通手段を探しています。自律型ドローンを利用した都市型エアモビリティは、汚染レベルの低減、輸送時間の短縮、既存の輸送システムへの負担軽減などのメリットをもたらすと期待されています。

抑制要因:政治的、経済的、社会的、技術的、法的要因による導入の制限

政治的、経済的、社会的、技術的、法的な要因は、都市型エアモビリティを採用するすべての国が解決しなければならない主要な課題です。都市型エアモビリティの運用は、最小限の固定費で高需要の運用に対応できるよう、経済的に規模を拡大する必要があります。研究機関、産業界、学術界、政府からの多額の投資が必要となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]